ラインには2種類ある。ポンドテストラインとポンドクラスライン

ライン

こんばんは。
ラインには2種類あるってことを知ってますか?ラインについてのYouTube動画を上げて、あれこれ語っていたところ、コメントで指摘がありました。今までまったく知らずに使ってました。びっくりしました。

※写真は何ら関係はありません。ただ使いたかっただけです(*´∀`*)。

ラインの強さの表示には、 ポンドテストラインポンドクラスラインの2種類があるそうです。同じ10lbのラインがあったとしても強さが異なる。

ポンドテストラインは、それ以下の負荷では絶対に切れない
ポンドクラスラインは、その負荷で絶対に切れる(かも)

ということらしいです。イマイチ分かりづらいですが、ポンドテストラインは、10lbのラインだったら、10lbまで絶対に切れない。ポンドクラスラインは、10lbで切れる(かも)ということです。

自分の愛用するベーシックFCはポンドクラスラインなので、表示のポンド数で切れる。一方FCスナイパーなど高級ラインは、ポンドテストラインのため、表示のポンド数では切れないことが保証されている。10lbでは切れないけど、10.1lbの負荷がかかったら、切れるかもしれないということみたいですね。

こんなことパッケージには書かれてないのでわかりませんよね。ベーシックFCは通常のラインより細いので良いなと思っていたのだが、単にポンドクラスラインだから細いだけのようです。まあ1ランク上を買えば、同じ強さになるんじゃないかな。

釣り業界は訳の分からん表示が非常に多いです。ちゃんと業界で統一基準を作ってもらいたいもんですね。
それではまた。

【関連記事】
ラインはバルクで十分です。サンラインのベーシックFCが安くて最高!
衝撃の価格ピットブル12!シマノ初の12本編みPEライン!
最強のPEライン!ダイワモアザン12ブレイド!今日の買物。
PEラインは直結で結んでもイイのか?リーダー不要?
バス釣りでラインの交換頻度はどれくらいがベストか?

コメント