霞ヶ浦のワカサギパターンで釣れるポイント5選と役立つ動画

ポイント紹介
霞ヶ浦
4,169円(税込)※09/25時点

こんばんは。

春になると霞ヶ浦ではワカサギパターンというビックミノーを使った釣りをする人が増えます。釣れる魚がデカイので人気のある釣りパターンです。霞ヶ浦本湖や北浦の沖に向かって遠投して釣るのですが、どこでも釣れるわけではないです。そこでワカサギパターンで有名なポイントを紹介したいと思います。

風向きによってポイントは変わる


ワカサギパターンの釣りで大事なのが風向きです。いつも同じ場所で釣れるわけではなく、風向きによって変わります。基本的には向かい風が当たるハードボトムの護岸(ワカサギの産卵に適している)が良いとされています。風が吹くことによって産卵を迎えたワカサギが押し流されて、風の当たる側の護岸に寄せられるからです。

なので、春は風向きを常に意識して釣りをする必要があります。霞ヶ浦では色々な方向から風が吹きますが、大まかに分けると北東の風と南西の風のパターンに分けられます。2種類の風向きごとに釣れるポイントを紹介します。

北東の風の時のポイント

霞ヶ浦 浮島付近


北東風のポイントでまず有名なのが、霞ヶ浦と常陸利根川の境の南側にある浮島付近です。北東の風が吹くともろに風が当たるエリアです。



3月頃に北風が吹いたときにこのエリアに行くとバサー達が10m間隔ぐらいで、ずらーっと並んで釣りをしてますので、行くとすぐどこがポイントなのかわかります。

この辺は一見すると何もないような場所に見えますが、水深は浅く底にはゴロタ石がたくさんあります。ミノーを投げて巻いてくるとかなりの確率でゴロタ石に引っ掛かりますので要注意です。自分はここでかなりミノーをロストしてます。根掛かりしやすい場所だからこそ釣れる訳ですが。

霞ヶ浦 和田岬


次は霞ヶ浦にある和田岬です。ワンドの方ではなく本湖側の北東の風が当たる側になります。



ここも北風が吹いたときにはバサーが並んで釣りをしている風景が良く見られます。わりと水深はありますが、油断しているとボトムに当たってミノーをロストしてしまうことがあります。ボトムは色々と変化があるので、じっくり調べながら釣るのも良いかもしれません。

ちなみに自分はここでは釣ったことはありませんが、和田岬のワンド内ではよく釣ってます。風が強すぎて気持ちが萎えてきたら、ワンド内に行って釣りをするのもありです。

北浦 白浜エリア


北浦の北浦大橋から蔵川にかけてのストレッチです。ここも北東の風が吹いた時には良いポイントになります。



ここは水深が浅く、ゴロタ石がかなり入ってます。また巾着護岸(通称タマネギ)が入っている場所もあります。ここは魚影が濃い場所と言われていますが、自分はまだ釣ったことはないです。高級なロングミノーを一投目で根掛かりしてロストした苦い思い出しかありませんw。かなり根掛かりはしやすいポイントです。

南西の風が吹いた時のポイント

北浦 江川エリア(メルヘン前)


北浦東岸の江川エリア通称メルヘン前です。ここは超絶人気ポイントで春は5m間隔ぐらいでバサーが並んでロングミノーを遠投している光景が見られます。ただ場所がわりとわからない人が多いのではないでしょうか。地図ですと↓の位置にあります。



護岸が新設されて舞台のようになっているところがあって、そこがメルヘン前です。ここはハードボトムでゴロタ石が無数にあり、沖には浚渫後もあるという一級ポイントです。良い南西の風が吹くと人も多くなってポイントに入れないこともあります。

北浦 宇崎エリア


北浦西岸の宇崎エリアです。ここは南西の風というよりか、東風か南風の時に良いポイントですね。ワカサギパターンの時期には超人気エリアになります。それ以外の時期はほとんど人は居ないのですが、、。



ここも一見すると何もないのだが、底はハードボトムで駆け上がりになっている。この辺の魚は回遊性が高いはずなので、釣れなくてもじっくり粘ることが大事だと思われます。ちなみに自分はここで釣ったことはないです。隣の人に釣られるという経験は何度かしてますw

ワカサギパターンで参考になる動画

YouTubeにはワカサギパターンで釣れている動画がいくつかあります。それほど多くはないですね。実際にはかなり難しい釣りではありますので、なかなか動画に撮ることができないのだと思います。そんな中で、結構昔からよく見られているのが、↓の動画。

OSPのルドラで釣ってます。13万回も再生されてますが、ワカサギパターンでは定番の動画だと思いますね。

釣れるルアーはやっぱりルドラ?

ワカサギパターンで使われるミノーは色々あります。数々のロングミノーがありますが、一番実績があって良く釣れるミノーはやっぱりOSPのルドラではないでしょうか。とりあえず迷ったらルドラを買っておけば問題ないと思います。

「ルドラ OSP」を探す
2,077円(税込)※2020/09/25時点 楽天調べ

このワカサギパターンでの釣りは根掛かりが結構多発します。ロングミノーは1個2000円近くしますので、ロストするとかなり痛いです。ただ、根掛かりを恐れていると釣れませんので、中古屋で安く買っておくのも良いと思います。最低でも3個ぐらいは用意しておいた方が良いですね。

まとめ

5つの有名ポイントを紹介しましたが、これ以外にもまだポイントはあります。まったくノーマークのポイントで釣れたりすることもありますので、色々探してみると面白いと思います。ワカサギ釣りをしている人がこの時期多いので、その人達に釣れるポイントを聞くのもありです。ワカサギの近くにバスも居るはずです。

それではまた。

冬の霞ヶ浦でビックベイトが大流行?ボラコンが釣れる?
こんばんは。 今シーズンの冬は例年にない暖冬になっています。霞ヶ浦では平均で3℃ぐらい水温が高いですね。今年の最低水温は2月初めの寒波の時の5.9℃になりそうです。今日は8℃ありますので、もうこれ以上は下がることはなさそうですね。 ...
霞ヶ浦のシラウオパターンで使えるワーム5選と参考になる動画3選
こんばんは。 今年は暖冬でまだ2月ですが、もう春めいてきました。桜の開花予想が3月中旬ごろになってますので、実際に今年はかなり早く春が来ると思われます。そろそろ釣りに行きたくなる頃ですが、そこでこの時期の霞ヶ浦でよく使われるシラウオパ...

コメント