釣り人はゴミを拾うのが義務

つぶやき

こんばんは。
日曜日に霞ヶ浦53PickUpに参加してゴミ拾いしてきました。このようなボランティア活動に参加するのは初めてでしたが、いろいろ考えさせられることがありましたね。


霞ヶ浦周辺でゴミを拾ってましたが、そのゴミのほとんどは家庭から出るゴミですね。釣り人が捨てたものではない。ゴミ袋をそのまま捨てているパターンが多いです。おそらくゴミの日にゴミを出し忘れて、霞ヶ浦まで捨てに来たのではないかな。

あと多いのが、ペットボトルなどのプラスチックごみだ。プラスチックごみは最近世界中で問題になっている。プラスチックは捨てるとずっと水の中に残ってしまう。これを魚が食べて、またその魚を人間が食べて人体にも影響が出る。

自分は釣りをしている時は、絶対にごみは捨てないし、ゴミ拾いもするが、根掛かりなどした時は、ルアーとラインを水の中に残すことになる。できるだけ根掛かりもしないように心掛けているが、1日に1回ぐらいはある。

根掛かりでルアーロストするのは、意図的ではないがごみを捨てているのと同じ。しかもプラスチックのゴミを捨てることなる。釣りをしない人から見たら、ゴミを捨てるよりひどい行為に見える場合もあるかと思う。

釣りしているだけで迷惑行為みたいなもんなので、他人のゴミも拾ってチャラになると思ってます。釣り人はゴミを拾ったからといって偉いわけではない。マイナスをゼロにしただけです。ゴミを拾うのが義務みたいなもんですね。

などなど、もっと書きたいことがあったがこの辺で。
それでは。

【関連記事】
11/12釣行記。霞ヶ浦53PickUpからのむらちゃんCUP参加!
北浦の釣り禁止エリアで釣りするなよ!
これで取れなきゃ諦めろ!根掛かりルアー回収機まとめ!

コメント