マニア向け?19カルカッタコンクエストDCは買いか?

シマノ

こんばんは。

2019年注目の新型リールの一つであるシマノのカルカッタコンクエストDC。前作から9年経って遂にリニューアルされた。多くの人が待ち望んでいたリールですが、出てみると「ハイギアがない」「デカすぎる」などの声が聞こえ、あまり評判はよろしく無い。はたしてこのリールは買いなのか?

技術的に特筆すべき点はない

19カルカッタコンクエストDCですが、仕様的には特に真新しいところはない。形はカルカッタコンクエスト200とほぼ同じ。DCブレーキはI-DC5というメタニウムDCやスコーピオンDCと同じ物が採用されている。

DCでちょっと違うのが「W(ウインド)モード」というモードがあり、強風時にここにセットするとバックラッシュなしで投げられるようです。まあ単にブレーキが強くかかるというだけのような気はしますが、、。

スプールはMGLスプールが搭載されている。これは第二世代?のMGLスプールなのでこれも特に新しいものではない。という感じで今回のカルコンDCのために新しくなったものはない。現行のカルコン200にDCを入れて自重が260gになった。DCの分20g重くなったリールという印象です。

その他スペックはこちら

品番 ギア比 最大ドラグ 自重 スプール寸法 ナイロン糸巻量 最大巻上長 ハンドル長 ベアリング 価格
200

RIGHT

4.8 6.0 260 38/22 14-145、20-100 57 42 12/1 69,000
201

LEFT

4.8 6.0 260 38/22 14-145、20-100 57 42 12/1 69,000
カルカッタ コンクエスト DC[CALCUTTA CONQUEST DC]|両軸リール|リール|製品情報|シマノ -SHIMANO-
シマノ釣り製品情報を始め、各種イベント情報など、フィッシングシーンをサポートする情報をご提供する公式サイトです。私たちシマノは釣り具という製品を通じてあなたとご一緒したいと考えます。海も川も湖も、そこに魚たちがいる限り、人と魚たちとの出会いのドラマは無限です。この素晴らしいドラマをこれからも永遠に継承するために、テクノ...

意外とコンパクトで軽かった!

あまり良い印象が無かったカルカッタコンクエストDCですが、フィッシングショーで実際に触ったみたところ印象が変わりました。デカくて重いイメージだったのですが、意外とコンパクトでパーミングしやすかったですね。

260gの重さもあまり気にならない感じでした。実際にロッドに付けるとまた印象が変わるかもしれませんが、ギリギリ使いこなせる重さではないかと思いますね。

フィッシングショーでリールを触っている動画はこちら。

MGLスプールで軽いものも投げられる


DCブレーキとMGLスプールになったため、軽いルアーも投げられるようになっている。バスプロの田辺哲男さんの話によると3/8ozのスピナーベイトぐらいなら普通に投げられるようになっているとの事です。

以前のこの番手のリールだと3/8ozのルアーを投げると浮き上がってしまったそうです。比較的軽いルアーを使う場合もタックルチェンジをせずにそのまま使えるので使い勝手が良いようです。

ハイギアがない問題

19カルカッタコンクエストDCには今のところギア比のラインナップは4.8:1のローギアしかありません。巻物系の釣りで使われることが多いので今のところローギアだけのようですが、リールはハイギアじゃないと嫌という人には不評のようです。

今後ハイギアのラインナップも追加されるのではないかと思いますが、9年モデルチェンジしなかったリールですので、追加されるとしてもゆっくりな気がしますね。

ちなみに発売は右ハンドルが3月、左ハンドルが5月です。楽天ではすでに予約が始まっています。

楽天で購入

まとめ

使う人を選ぶマニアックなリールかと思いきや意外とバーサタイルに使えるレベルになっているリールだと思います。基本的にはローギアしかないので、やや重めのルアーから超ビック系ルアーまでの巻物での利用がメインになると思います。

欲しいけど、多分あまり使わないリールになりそうなので買わないかな。100番台でハイギアが出れば買ってもいい!

それではまた。

コメント