ダイワ18リョウガはカルカッタより優れているのか?

ダイワ

こんばんは。
今年2018年に発売されるダイワの18リョウガですが、かなり注目度が高いようです。自分が上げているフィッシングショーの動画でもリョウガの動画は視聴数が伸びています。買うかどうか検討している人も多いのではないでしょうか。

18リョウガとカルカッタコンクエスト

そこで疑問なのが、シマノのカルカッタコンクエストとどっちが良いの?という点でしょう。皆さん気になるポイントだと思います。そこで、リョウガとカルカッタコンクエストを比較してみた。

ハイパーメッシュギア VS マイクロモジュールギア

ハイパーメッシュギア

今回ダイワはリョウガに、従来比で1.5倍噛合いが多くなったギアである「ハイパーメッシュギア」を採用した。これにより従来品よりも細かい歯によって滑らかな巻き心地を実現した。

実際に今年のフィッシングショーで触ってみましたが、評判通り巻き心地はかなりシルキーな感じでしたね。今までのダイワにはない感じ。

一方のシマノのカルカッタコンクエストはマイクロモジュールギアです。 これはもうおなじみのヤツですが、今年はマイクロモジュールギアⅡというのが18ステラに採用されてます。自分もいくつかマイクロモジュールギア搭載のリールを持ってますが、ヌルヌルの巻き心地というより巻いている感じがしない。それくらい細かいギアという印象です。

ダイワはハイパーメッシュギアによって、マイクロモジュールギアに追いついたといったところではないでしょうか。実際の巻き感もあまり差がない印象です。ほぼ互角と思われます。

超高剛性高精度マシンカットスーパーメタルハウジング?

スーパーメタルハウジング

18リョウガのボディは、超高剛性高精度マシンカットスーパーメタルハウジングを施しているようです。なんじゃそりゃ!?というくらい長いネーミングですが、要はとても硬くて強いよということですね。これもカルカッタコンクエストの鍛造アルミ素材から削り出すボディとまあ同じかと思われます。ほぼ互角ですね。

マグフォース VS SVSインフィニティ

18リョウガ

18リョウガのブレーキは、マグフォース V/Zを採用している。ダイワおなじみのマグネットブレーキです。一方のカルカッタコンクエストはSVSインフィニティです。これもシマノのおなじみの遠心ブレーキです。

ブレーキに関してはどちらが良いのかは好みの問題になります。個人的には使い勝手が良いので、マグネットブレーキの方が好きです。今回リョウガは上の写真のようなブレーキ調整ダイヤルになってます。なかなか使いやすく誤操作しづらい形状になってます。

18リョウガはパーミングしやすい?

18リョウガ

18リョウガはパーミングしやすいように設計されているようです。ハンドルとは逆のサイドプレートが若干薄くなっていて、握りやすくなっている。また、レベルワインドの上にプレートが被っているので、リールを深く握ることができる。

このあたりについては、動画で並木さんが色々興味深いことを語っているので御覧ください。

18リョウガの技術的な内容はこちらの動画。

18リョウガの発売日は3月!値段は?

18リョウガの値段は、定価で56,000円です。一方のカルカッタコンクエスト200番台は定価56,700円です。ほぼ同じだ。どっちにするか悩ましいところですね。

楽天ではすでに予約が始まっていました。

結論ですが、どちらも良いです。性能的には差はないかと。あとはもうダイワを取るか、シマノを取るかの好みの問題になりますね(;´Д`)。

自分はこの手のサイズのリールは使い道がないので買わないのですが、まあ欲しいです。とりあえず所有はしたいリールですね。今年は他にも欲しいリールがたくさんあるので、手は出さない予定です(*゚∀゚)。

それではまた。

【関連記事】
フィッシングショー2018に行ってきた!18ステラは想像以上にヌルヌルだった!
2018ダイワから新リョウガ登場!新しい動画もアップされた模様
シマノ18アルデバランMGLはベイトフィネスリールではない件。
シマノ18ステラを最安値で買う方法!【激安】
18バンタムMGLは買いか?高剛性リールは本当に必要なのか?

コメント