結局ライフジャケットは何を買えば良いのか?オススメ6選

小道具

こんばんは。

新しいライフジャケットを購入しようと思ったのですが、アレコレ種類があって何を買えば良いのか分からずかなり迷った。これはシンドイと思った。自分と同じようによく分からない人も多いのではないかと思います。そこで、色々と調べてだいぶ理解できてきましたので、その情報をシェアしたいと思います。

メーカーはブルーストームを買っておけば間違いなし?


ライフジャケットを発売している会社は色々とありますが、ブルーストーム社(高階救命器具株式会社)を選んでおくのが一番無難だと思われます。訳の分からない安物メーカーとは違い、日本の救命器具専門メーカーですので信頼できます。※Amazonや楽天には安いライフジャケットが売られてますが、、。

BLUESTORM | 高階救命器具株式会社/Takashina Life Preservers Co., Ltd.
水のあるところの安全の為に、1935年の創業以来一貫して、救命胴衣/ライフジャケット・オイルフェンス等、救命器具の製造販売を行っております。

ダイワやシマノもライフジャケットを販売してますが、あれはブルーストーム社がOEM製造しているそうです。ダイワやシマノのブランド名が付くと値段が高くなりますが、ブルーストーム製のものは2,3割安いです。同じものなら安い方を選んだ方が良いですね。

絶対に自動膨張式にすべき


ライフジャケットには手動膨張式と自動膨張式の二種類あります。手動膨張式は自分でヒモを引っ張ってガスボンベを作動させる方式で、自動膨張式はセンサーが水を感知したら自動でガスボンベが作動します。

以前にもブログで書いたのですが、買うなら絶対に自動膨張式にするべきです。水に落ちてパニックになっているときに落ち着いてヒモを引っ張るのはほぼ不可能だからです。実際に自動膨張式だったら助かったのではないかと思われる事故も起こってます。

【危険】ライフジャケットは自動膨張式にすべき理由!
こんばんは。 8月26日、福島県の小野川湖のバス釣り大会で水難事故が発生したようです。事故に遭われた方は残念ながらお亡くなりになられたようです。ご冥福をお祈りします。 詳細はこちらのページで確認できます。ライフジャケットをちゃんと着...

値段は手動の方が安いのですが、せいぜい2,3千円の差です。安全のためにはこれくらいの金額はケチるべきではないですね。万が一のことがあった場合はもっと高くつきます。

桜マーク入りに限る


平成30年2月1日から小型船舶の乗船者はライフジャケットの着用が義務化されました。しかも国土交通省が認可した桜マーク入りのものしか認められていません。

Amazonや楽天で安く売られているライフジャケットはほとんど桜マークが入っていないものばかりです。知らないでこれで船に乗ると違反になってしまいます。

このブログでオススメしているブルーストームのライフジャケットはちゃんと桜マーク入りですので大丈夫です。

ウエストベルトタイプのオススメ

まずはウエストベルトタイプ(腰巻き)のオススメを紹介します。

自分が今一番欲しいなと思っているのが「BSJ-9320RS」ですね。最近出たばかりのライフジャケットのようです。桜マーク入りで自動膨張式ですが、最大の特徴は小型であることですね。重量がなんとわずか452gとなってます。

「BSJ-9320RS ブルーストーム」を探す
12,710円(税込)※2020/03/27時点 楽天調べ

ライフジャケットは身に着けると結構デカくて邪魔だったりするのですが、このモデルであれば小さくて釣りをする時も気にならないのではないかと思う。特におかっぱりで使う時には良さげですね。

また意外と安いのが良いですね。12,000円前後で売られています。

もっとハイエンドなモデルが良いという場合は「BSJ-5220RSE」がオススメです。ダブルインジケーター付き充気装置が採用されており、外からインジケーターが見えるタイプになってます。

「BSJ-5220RSE ブルーストーム」を探す
17,799円(税込)※2020/03/27時点 楽天調べ

サスペンダータイプのオススメ

次はサスペンダータイプのオススメです。

自分が一番気になっているのは「BSJ-8320RS」です。こちらも最近出た商品で、特徴は小型で軽いところですね。重量は442gになっています。通常タイプより100g以上軽くなってますので、かなり小型化されてます。もちろん桜マーク入りで自動膨張式です。

「BSJ-8320RS ブルーストーム」を探す
12,420円(税込)※2020/03/27時点 楽天調べ

こちらも値段は意外と安くて12,000円前後で購入できます。

サスペンダータイプのハイエンドを希望の場合は、「BSJ-2220RSE」が良いと思います。値段は2万円前後になりますが、ダブルインジケーター付き充気装置が採用され、外からインジケーターが見えるタイプになってます。

「BSJ-2220RSE ブルーストーム」を探す
20,328円(税込)※2020/03/27時点 楽天調べ

自動膨張式が信用できない!?

ここまで自動膨張式のライフジャケットをオススメしてきましたが、まれにですが落水してもライフジャケットが自動膨張しないケースがあるようです。

ガスボンベの取り付けが悪かったり、使用期限が切れていたりすると作動しないことがあるそうです。

これはヤバいですよね。せっかくのライフジャケットが何も役に立たない。しっかりメンテナンスしていれば問題ないと思いますが、万が一作動しないのかと思うと不安になります。

そこで、自動膨張式ライフジャケットも信用できないという人にオススメなのがベストタイプのライフジャケット「オーシャンBW-2003型」です。

「BW-2003 オーシャンライフ」を探す
7,442円(税込)※2020/03/27時点 楽天調べ

こちらは自分も所有しているものですが、膨張するものではないので確実に浮きます。フィッシングベストみたいにポケットなどもたくさんついているので、小物など入れられて便利です。

メーカーはオーシャンライフというライフジャケット専門の日本のメーカーですので信頼できます。

ライフジャケットの製造・販売 | オーシャンライフ
膨張式ライフジャケットをはじめ、救命胴衣...

フローティングベストとライフジャケットは違う

上で紹介した「オーシャンBW-2003型」ですが、ちゃんとした国土交通省認定の桜マーク入りのものです。よく釣具屋などで売られているフローティングベストとは異なります。フローティングベストはライフジャケットではないので、船などは乗れません。

船舶で使う場合は、桜マーク入りかどうかしっかり確認する必要があります。オーシャンBW-2003型の場合は、TypeDの桜マークで海で遠くまで行ったり、大型船で使うことはできませんが、近海で船に乗るのはOKです。

なんでもOKなのはTypeAです。上で紹介したブルーストームの自動膨張式のものはTypeAになってます。詳しくは以下をご確認下さい。国交省HP

ベスト型でTypeAのものが欲しいという場合は、一番オーソドックスなライフジャケットがオススメです。

「C-2型 オーシャンライフ」を探す
3,100円(税込)※2020/03/27時点 楽天調べ

よく見るやつですが、なんだかんだこれが最強ですね。オレンジ色で一番目立つように作られてます。釣りする場合は、魚に感づかれる危険性があるのが難点ですが、、。

まとめ

自分としては、おかっぱり用に小型の腰巻きの「BSJ-9320RS」を使い、ボート用に小型のサスペンダー型の「BSJ-8320RS」が良いかなと思ってます。危険を感じる場合は、サスペンダー型と腰巻きを併用するぐらいが良いかなと思ってます。

それではまた。

ライフジャケット着用義務化!桜マーク入りの安いのはこれだ!
こんばんは。 平成30年2月1日から小型船舶の乗船者にライフジャケットの着用が義務化されました。乗船者にライフジャケットを着用させなかった船長(小型船舶操縦者)は違反となり、最大6か月の免許停止になります。 桜マーク入りのライフジャケッ...

コメント