バス釣りでラインの交換頻度はどれくらいがベストか?

ライン

こんばんは。
リールに巻いたラインですが、どれくらいの頻度で交換するのがベストなんでしょうか?できるだけ新品を使うのがベストであるのはわかりますが、ラインは高価なものなので、そう頻繁には替えられません。どうすればいいのか。

プロは毎回交換しているそうです。一回使ったら終わりだそうです。これはシロウトにはマネはできないですね。プロはスポンサーのラインの会社から無料で支給されてたりするからできる芸当だと思います。ラインは100mで1,000円以上したりしますので、毎回交換していたら金が無くなります。

ナイロンラインやフロロラインは一回使っただけで、かなり劣化するらしいので、頻繁に交換するのがベストだが、あまり神経質になる必要もないと思う。何度も使って1年ぐらい放置したラインでもちゃんと釣れますからね。ただやはり大物を確実に釣りたいと思っているならちゃんと交換はする必要はあるでしょう。

巻く量を減らして、交換頻度を増やす

自分の場合、ベイトフィネスリールを使うことが多いので、糸巻量は25mぐらいしか巻きません。これで、交換頻度は2釣行ごとに交換してます。25mしか巻かないので、100m巻のラインを買っても4回交換できてお得です。

もしこれが100m巻いて、2釣行ごとの交換だったら、かなりキツイです。通常のベイトリールでも100m巻いてすべて使うことはまずないので、50mほど巻いて使うと良いと思います。大体が50m以上飛ばすことはないですからね。ベイトリールで飛距離50mなんてまず無理です。実際測ってみればわかりますが、せいぜい飛んているのは30mぐらいなもんです。メタルジグとか重くて空気抵抗の少ないルアーを使わないと50mは飛ばない。なので、ライン交換を頻繁にやるなら50mぐらいで充分だと思います。

PEラインを使う

劣化がしづらいPEラインを使うという手もあります。PEラインは環境にもよりますが、半年は問題なく使えるようです。自分の場合、去年からPEデビューしましたが、まだ交換してません。そのまま使ってます。ただし、キズが入ったりするとすぐ切れるので、使った後はラインチェックして、先端の5mぐらいは切って捨ててますね。だんだんと短くなってしまいますが、使えない長さになったら交換すれば良いと思います。

アメリカで活躍する大森貴洋プロは、ライン交換の手間を省くためにPEラインを使っているらしいです。プロは毎回交換するので、その手間は半端ないですよね。何本もタックルがありますしね。PEラインだったら交換しなくても良いので、面倒な時間が省けます。

もちろんお金のある人はじゃんじゃん交換したら良いと思います。自分はケチなんで、消耗品に金を使いまくることはとてもできません(;´Д`)。
それではまた。

【関連記事】
結局バス釣りで使うフロロラインは何が良いのか?
少ないくらいが丁度いい!ベイトフィネスリールの糸巻き量について。
ラインはバルクで十分です。

コメント