結局バス釣りで使うフロロラインは何が良いのか?

ライン

こんばんは。
釣具屋に行くと様々なメーカーから出されたラインが売られていますが、どれを選べば良いのか迷いませんか?自分はバス釣り再開当初は、とにかくあまりにも増えたラインの種類にかなり戸惑いました。

自分が釣りを熱心にやっていた20年前は、現在のようにたくさんのラインはありませんでした。何を使っていたかは忘れましたが、迷うようなことはなかった。ようやくバス釣りを再開してから2年以上経ち、最近は迷いがなくなってきましたね。そこで自分がベストだと感じるオススメのラインをご紹介します。

ラインはバルクで充分です

結論から言ってしまうとラインはバルクで充分です。バルクとは、300m巻きとかで売られている安いヤツです。よく釣具屋のライン置き場の下の方にあるヤツですね。300mで1200円ぐらいで売られているので、超お得です。普通のラインは150mで1200円とかで売られてますからね。もっと高いのだと100mで1500円とかするものもあります。

品質はどうなの?と心配する人も居ると思いますが、品質的にもまったく問題ないですね。安いから切れてしまうなんてことはない。ただ、しなやかさなどは高いラインの方が良いかもしれませんが、自分はあまり気になりません。

バルクラインの中でも自分がよく使っていてオススメなのは、サンラインのベーシックFCというものです。

自分はほとんどこればかり使ってますね。まったく不満はありません。ラインブレイクし易いとかそういったことはありません。信頼して使えるラインですね。バルクラインでは他にもシーガーが出しているフロロマイスターというラインもあります。

バルクならフロロマイスターの方を推す人も多いですが、自分はベーシックFCの方が好きです。両方使いましたが、フロロマイスターの方が固くてゴワゴワしている感じがあります。ベーシックFCの方がしなやかさがあると感じます。まあ、あくまでも自分の感覚ですので、ご参考までに。

で、この2つのラインの特徴として通常のラインより細いにも関わらずポンド数が大きいというところですね。同じ12lbを使ったとしてもベーシックFCだと0.285mmに対して、通常のラインだと0.300mmになります。この微妙な違いは結構デカイです。同じポンド数でより細いラインを使えるのはかなりのメリットだと思います。自分がバルクを使う理由の一つでもあります。

スピニングは高級ライン

いつも安物ラインばかり使っている自分ですが、スピニングで3lbラインとかを使う場合は、高級ラインを使用します。いつも使っているのは東レのエクスレッドです。まあこれは高級というほどのラインではないですが、バルクを使っている自分には充分高級品です。このラインはとにかくしなやかなのが良いです。やはりスピニングで細いラインを使う場合はしなやかさを重視します。バルクだとやはり見劣りしますね。

というわけで、このようなフロロラインを使っております。ラインは重要な釣具の一つですが、安いからと言って品質が落ちる訳ではありません。ラインブレイクについては、ラインの品質よりも結び方(ノット)とラインチェックの方が重要です。高級ラインでもそこ同じです。

以上、フロロラインの話でした。
それではまた。

【関連記事】
今日の買物。最強のPEライン!ダイワモアザン12ブレイド
少ないくらいが丁度いい!ベイトフィネスリールの糸巻き量について。
ダウンショットリグのノット(結び方)はパロマーノットが最強!

コメント