9/14釣行記。やっと涼しくなったが難しい霞ヶ浦水系。

釣行記
霞ヶ浦
4,169円(税込)※09/28時点

こんばんは。

昨日は行ってました霞ヶ浦水系。先週はまだ真夏の雰囲気があった霞ですが、昨日はだいぶ涼しくなって秋の気配が出てきました。水温も下がってバスの活性は上がるハズだが、、。

霞ヶ浦本湖スタート


まずは先週釣ったりバラしたりした本湖水門や流入河川河口付近から探ることにした。朝は涼しく水位も上がって釣れそうな雰囲気はあった。

トップで出そうだったのでハネモノ系で探るが、まったく水面割れず。その後はワームでボトムを探るがこちらも反応なし。護岸際を見るとかなりエビは居たので、バスが居てもおかしくないと思ったが、まったくルアーには喰ってきませんでした。

横利根川へ移動


次に横利根川へ移動する。最近はあまり釣れないので行かなくなっていたが、久しぶりに様子を見たくなった。水を見ると前日の雨の影響で濁っていて、いまいち水が悪かった。

過去に実績のある場所をあちこち回ったが、ここも反応なしでした。稲刈りの時期なので雨で稲渋が入ったかもしれない。かなり活性が低くなっている感じだった。

常陸利根川へ移動


次に常陸利根川へ移動する。雨が降って水位が1.2mぐらいまで上がったので、常陸利根川で釣れる水位になっているハズだった。夏の間はずっと水位が低くてダメだったが、そろそろ釣れるハズだと思た。

しかし、常陸利根川の実績場所を回るが、まったく反応なしでした。やはり稲渋のせいか水がかなり悪い感じだった。ボラとかレンギョとかかなり浮いてましたね。

また霞ヶ浦本湖へ戻る


最後にまた霞ヶ浦本湖へ戻る。この日はもうまったく釣れる気がしなくなっていたが、こうなったら新しい場所でさらに深掘りしていく方が良いと思った。

雨が降ってきて、さらに風も強くなり続けるのがかなりシンドイ状況になったが、それでも粘っていると遂にワンバイトありました。しかし、はっきりしたアタリではなくショートバイトだったので、フッキング決まらず。この日のバスの反応はこれだけでした。NBNFだけは避けました。

完全に難しい秋になりましたね。せっかく水温が少し下がって活性が上がるかと思いきや逆に釣れなくなるというシンドイ展開です。9月中旬から下旬にかけては毎年稲渋で釣れなくなる時期があるがそれにもぶつかりました。秋はまた釣り方が変わるのでまた新たなバスを探さないとダメですね。

※先週の釣行動画です↓

それではまた。

9/6釣行記。残暑厳しい霞ヶ浦水系。デカイのバラシ祭り!なんとか2匹ゲット
こんばんは。 昨日は行ってました霞ヶ浦水系。日照時間が短くなり徐々に涼しくなってきましたが、まだまだ暑い日が続いております。霞ヶ浦水系の水温もやっと30℃を切るようになってきましたが、バスの活性は上がっているのか? 高橋川からスター...

コメント