横利根川、黒部川など釣行。1匹のみ。

与田浦

昨日(6/14)も霞ヶ浦水系に行ってました。毎週ですが。

いつもはその日の夜にブログを書くのですが、昨日は疲れていてすぐ寝てしまいました。昨日は曇りで日差しは強くなかったのだが、蒸し暑かったですね。そのせいで疲れたかも。

3時半に起きて、まずは先週終了間際で釣れた横利根川に朝一で行きました。初めのポイントではまったく反応なし、、。先週釣れたところだが、、。やっぱ同じところは駄目ですね。

気持ちを切り替え別の場所に移動。今日は人が少ない気がする。曇っていて今までとは様子が違う。なんかどんよりしている。釣れるのか釣れないのかわからない雰囲気。

移動したポイントで杭のあるところにファットイカを打つ。なんの変化もない感じの杭だが、、、するとバイトが、、。あわせたがスッポ抜けてしまった、、。ちょっと油断してたな。もう一度同じ所に投げたらまた喰ってきた。今度はじっくり送ってからから合わせたらきっちりかかりました。

43cmありました。なかなかのサイズ。横利根川では今まで一番デカイサイズ。しかし写真がイマイチ。43cmに見えないですね。メジャー浮いているとこうなる。平らなところで撮らないと駄目ですね。ちゃんと43cmありましたよ。ええ、、。

その後またアタリなし。また移動することに。

今度は利根川の方の水門近くに行くことに。水門の方はヘラ師が多い。ヘラの発祥の地?聖地?らしいです。ヘラ優先なので、邪魔をしないように気をつけましょう。

こんな感じのところ。

ヘラ師のボートの後ろには、美味しそうな杭やテトラがたくさんあります。水も意外と綺麗だ。いかにもバス居そうですが、投げられないので、ファットイカを落とす。しかし、アタリなし。結構バスは見えたが、こちらのルアーには反応せず。他のバサーはダウンショットなどで釣っていたな、、。

ここはどうも駄目なので移動することに。次はどうするか、、。まったくノープランだった。しかも蒸し暑くてなんか疲労感がある、、。

なんとなくだが、常陸利根川に行くことにした。潮来のあたり。久々に来たが、結構観光客多いのですね。以前来たときは閑散としていた記憶しかなかったが、、。まあ、常陸利根川も何もなし、、。昼になってしまった。

午後はどうするか、、。考えた挙句、今まで行ったことのなかった黒部川に行くとこにした。まずは利根川と黒部川を結ぶ水門から。
こんなところ。

ここは有名ポイントなので人が多いかと思いきや誰もいない。よっしゃ釣れそうな雰囲気あるぞ。しかし、音沙汰なし。徐々にバサーが増えてきた。なんだたまたまか。なんだかんだその後5,6人入ってきたわ、、。

ここはあきらめ本流の方に向かう。しかし、本流はオール護岸。しかも草ぼうぼうで入りづらい。どこで釣れば良いんだよ、、。これはきつい。何も情報なしで来たので、、、。釣り人も少ない。

ここはじっくり護岸際を攻めればデカイの釣れそう。人も少ないし。でも自分が一番苦手なやつだ。YouTubeで金森隆志が50UP釣っている動画を見たが、、。

これ↓

テクトロやる根気がないわ。ビデオで見るのと実際やるのとはでは大違い。こんな何も無いところでひたすらテクトロはきつい。黒部川は水門など数カ所やって諦めた。釣れる気がしない。根気がないの~

次はまた与田浦に行くことに。もう4時だ。まったく風なし。無風。珍しい。しかも蒸し暑い。なんなんだ今日は。釣れる気がしない。ここもだめ。

もう最後。また横利根川に行く。
しかし、だめ。

今日は調子悪い。いつもか。蒸し暑いせいだ。

結局朝の一匹で終了。1匹で終わるパターンでした。

今日の釣果
バス1匹。

【関連記事】
霞ヶ浦水系の冬の定番ポイント紹介。与田浦の南側エリア
北浦の釣り禁止エリアで釣りするなよ!
もうすぐ夏休み!初心者にオススメの霞ヶ浦水系バス釣りポイント3箇所!
霞ヶ浦の水温をリアルタイムで確認する方法!
スモラバのトレーラーワームは何がベストか?

コメント