11/26釣行記。晩秋の霞ヶ浦水系。今日もボ、、

与田浦

こんばんは。
今日も行ってました霞ヶ浦水系。2日前に行ったばかりだが、また来週の大会のため、プラに行きました。前回はボウズでまったく手がかりが得られない状態でしたが、はたして今日は釣れるのか。

横利根川

まずは横利根川からスタート。朝は寒かった。気温は3℃ぐらい。水温は10℃前後。そろそろ本格的な冬になりそうな感じ。ただ、まだ冬本番にはなっていないので、ディープではなくシャローを撃つ。ここで2時間ぐらいスモラバなどで攻めるが、まったく異常なしでした。まあ冬なのでこんなもんよ。移動する。

与田浦

与田浦へ向かう。与田浦はこの時期はとても人が多い。なかなか入れる場所がない。珍しく水門のところが空いていたので、やってみた。以前11月に釣った記憶があるので、その再現を狙う。期待しながら慎重に丁寧に攻める。しかし、まったくの無反応でした。また移動する。

常陸利根川

次は久々に常陸利根川へ行った。ここは冬の定番スポットだ。人はやはり多い。ダウンショットリグで沈みテトラをじっくり攻める。日中は晴れて気温が上がったが、風がかなり強くなった。竿先が風で動いてしまうくらいだったので、集中するのが難しい状況。そんな中、なんとか頑張ったがまったくの無反応でした。ここまでノーバイト。ヤバイ(;´Д`)。移動する。

横利根川

早くも行くところが無くなってきた。どこに行っても釣れる気がしないので、とりあえず横利根川に戻ることにした。もうここで粘るしかないという状態。必死にテトラの穴撃ちとか、あちこちカバー撃ちなどするがまったく反応なしでした。

ということで、今日もボウズです(;´Д`)。まったく釣れる気しない。去年はある程度やれば最低でも一匹は釣れていたのだが、今年はなぜか釣れない。完全にスランプ状態です(;´Д`)。来週のKFBRオカッパリ大会の手がかりはまったくつかめてない状態。さて来週どうなることやら。

それではまた。

【関連記事】
【バス釣り】冬の霞ヶ浦水系の攻略方法を考える
秋の霞ヶ浦水系はどのポイントに行けばよいのか?
11/24釣行記。初冬になってた霞ヶ浦水系。
11/12釣行記。霞ヶ浦53PickUpからのむらちゃんCUP参加!

コメント