釣行記。横利根川、外浪逆浦、鰐川など。1匹のみ。

外浪逆浦

こんばんは。今週も霞ヶ浦水系で釣りです。
鰐(ワニ)川のことを顎(あご)川と読んでしまうのはなぜでしょうか。

いつも通り、4時起き。6時着。まずは横利根川から。最近はよく行くわ。横利根川。前回ボウズなだけになんとか釣りたいところ。そんな時横利根川ならなんとかなるのではという安心感がある場所だ。

いつも通り、杭やアシ際など目に見えるストラクチャーを打っていく。今回はベビーファットイカを使ってみた。ファットイカより小さいが、小バスにも対応できる一口サイズな感じで良い。重さも6~7gぐらいあるので、ベイトでいける。

何投目かしたところで、クンクンときたので、合わせたらキマシタ。
小さいバスです。

25cmぐらい。前回ボウズだったので、このサイズでも嬉しい。とりあえず朝一で出たので一安心。ベビーファットイカはなかなか使える。ボウズ回避に良いかも。ファットイカだとこのサイズには大きい感じ。

その後、2回ぐらいアタリがあったが、フッキングできず。2時間ぐらいで、場所移動することに。次は外浪逆浦に行くことにした。以前釣れた潮来IC近く。

ここでは先日購入したゲーリーヤマモトのハートテールとOSPのドライブシャッドを試すことにした。比較してみたが、ハートテールはなかなか凄い動きをする。ケツを振りながら、胴体もブリンブリンする。ブリンブリンな動きがたまらなくエロい。ただ、フォール時の自発的アクションではドライブシャッドの方に軍配が上がる。てかハートテールはフォール時はほとんどアクションしない。落ちていくだけ。

結局フォール時のアクションが良いのでドライブシャッドの方をメインで使うことになった。で、これを投げまくったが、反応なし。

次は鰐川へ向かう。
橋の付近は先行者いっぱいだったので、離れた場所でやるもここも反応なし。次第に風が強くなってきた。

ここで、昼休憩。セブンイレブンへ向かう。

昼後も鰐川でやるが、反応なし。テトラ帯とか護岸際とか投げまくるが何もない。風が強い。天気も曇ってきて、半袖だと寒いくらいの感じになってきた。

釣れる気がしなくなったので、今度は与田浦へ向かう。与田浦で釣りを開始して15分ぐらいでトイレに行きたくなり(大の方)、コンビニ行くが、空いておらず。しかたなく、横利根川近くのアピタまで行った。もうトイレ後は横利根で粘ることにした。

しかし、釣れないし、寒くなってきた。寒いとかここ最近はない天気だ。バスはいた。でもポイントに着いた時に逃げられることが度々あったな。結局18時半までやるも何もなし。結構疲れましたわ。今日は。

本日は1匹で終わりのパターンでした。
 

【関連記事】
霞ヶ浦水系の冬の定番ポイント紹介。鰐川テトラ帯。
北浦の釣り禁止エリアで釣りするなよ!
春から始める初心者にオススメの霞ヶ浦水系バス釣りポイント厳選3箇所!
ベイトフィネスリールには何ポンドのラインを巻くべきか?
霞ヶ浦の水門や水位、水温など確認できるサイトまとめ。【改訂版】

コメント