霞ヶ浦水系の冬の定番ポイント紹介。鰐川テトラ帯。

ポイント紹介

こんばんは。
ここ何日か寒い日が続いておりますが、会社では自分のデスクの近くの同僚たちがインフルエンザにやられております。自分はまったく風邪やインフルにはかからない体(バカではない)に仕上げているので、どんだけ近くにインフル保持者がいても問題ないです。ただ休んだヤツの仕事をしなくてはならないのが問題です。体は丈夫でも仕事が嫌いなんでね(;´Д`)。

今回はまた霞ヶ浦水系のポイント紹介です。北浦の下流の鰐川にあるテトラ帯です。前回常陸利根川を紹介しましたが、そこと似たような特徴があるポイントになります。

川のアウトサイドで水深があり、テトラが積まれている場所です。冬場にバスが集まりやすい条件が揃っています。

ここも紹介できるのは、駐車スペースがあるからです。なかなか霞ヶ浦水系で紹介できるところは少ないのですが、ここはスペースに余裕があります。ただし、もちろんマナーには気をつけて下さい。冬場はバサーが多いですが、ヘラ師も多い場所なのでご注意下さい。Googleマップではこちら。

釣り方は、ダウンショットリグやネコリグでテトラの穴撃ちするか、テトラの外側にシャッドを流したりすると良いです。シャッドだけでなく、スピナーベイトやミノーでもいけると思います。下の写真は2015年の11月末に釣ったバスです。このバスはテトラの外側で釣りました。内にも外にも居ますので、様々な角度から狙うと良いと思います。

ここで釣っている動画がありますので、よかったら御覧ください。なぜか視聴回数が多い動画です(*´∀`*)。

自分もそろそろ冬バス釣りたくなってきました。今年はまだ一回も釣りに行ってません。1月中になんとか釣っておきたいな(*´∀`*)。

ではまた。

【関連記事】
霞ヶ浦水系の冬の定番ポイント紹介。常陸利根川の高浜エリア
冬の霞ヶ浦でバス釣りするのに役立つ動画まとめ!5本!
【バス釣り】冬の霞ヶ浦水系の攻略方法を考える
霞ヶ浦水系の冬の定番ポイント紹介。前川エリア
釣れない!霞ヶ浦水系でバスは減っているのか?

コメント