霞ヶ浦水系の冬の定番ポイント紹介。前川エリア

ポイント紹介
8.6L アルファス AIR TW
32,945円(税込)※07/03時点

こんばんは。
めちゃめちゃ寒くなりましたね。西日本側はかなり雪が降っているようです。土日も寒いようなので、これは釣りに行くか迷うところですね。ぶり返しの寒さはかなり厳しいと思います(;´Д`)。

霞ヶ浦水系の冬のポイント紹介です。 今回は前川です。ここは閉鎖水域で、水が安定するのか冬にバスが結構集まるようです。前川といっても広いですが、どこで釣れるのか?ほぼ全域で釣れるようですが、狙い目は水門などがある場所で、やや水深が深めの場所です。



地図のピンの場所は市民プールのある場所ですが、水門周辺はやや水深があります。ここはよく雑誌で川村光大郎さんが釣ってますね。ただ、正直自分は冬に前川で釣ったことはないです。釣れるらしいという話しかできませんが、冬場は定番エリアなんでとりあえずチェックはします。

釣り方はシャッドやダウンショットリグなどで攻めると良いそうです。タイミングが良ければシャッドで入れ食いなんてこともあるらしいです。何度かシャッドで入れ食いという武勇伝を聞いたことがあります。自分にはここでシャッドを投げ続ける勇気がありません。何個無くすのか危険すぎるわ(;´Д`)。

前川は結構東西に長い川なので、一日ここで粘るのも良いかもしれませんね。思わぬポイントが見つかるかもしれない。自分にはそれはできないので、釣れないとすぐ移動してしまいますが。

ということで、釣ったことがないので、あまり詳しいことが書けませんが、有望ポイントなので、紹介しました。ではまた。

【関連記事】
霞ヶ浦水系の冬の定番ポイント紹介。北利根川の牛堀エリア
霞ヶ浦水系の冬の定番ポイント紹介。与田浦の南側エリア
霞ヶ浦水系の冬の定番ポイント紹介。鰐川テトラ帯。
【バス釣り】冬の霞ヶ浦水系の攻略方法を考える

コメント