1/29釣行記。寒くない真冬の霞ヶ浦水系。NBNF達成!(横利根川、与田浦など)

与田浦

こんばんは。
今日は行ってました霞ヶ浦水系。久々の釣行になります。前回が12/28ですので約1ヶ月ぶりの釣りになります。1月末ということで冬の一番寒い時期になりました。水温は4℃台に突入しています。ただ、今日の天気予報では気温は高くなるとの予想です。バスの活性は上がるのか。果たして如何に。

4時起床。6時頃に現地到着。まずは横利根川から。朝の気温は4℃だった。最近は最低気温はマイナスになることが多かったので、かなり暖かく感じる。しかし曇っているので、水温上昇は望めないか?水温は5℃前後だった。

ここはまず朝は活性が高いと予想して巻物から始める。しかし1時間ぐらいやるがまったく反応なし。次にダウンショットリグに変更するがこれまた反応なし。横利根川はノーバイトで終わる。寒くないが難しいな。移動する。与田浦へ。

与田浦はだいぶ人が減っている。去年もそうだったが、正月を過ぎると人が減りだすのだ。皆寒いから諦めるのだろう。入りたい場所にはすんなり入れたが、反応はないな、、。ここもノーバイトで終わる。また移動する。常陸利根川へ。

ツイートしましたが、ここも厳しいです。ダウンショットリグとデラクーの背針チューンで攻めたが、まったく反応なし。デラクー背針チューンはなかなか良いです。根掛かりしづらいですね。メタルバイブより好きだな。まあ釣れてませんが。それにしても釣れない。やばいボウズの可能性が、、。また移動する。前川へ。

前川もまったくの異常なしです。気温は高いが曇っているからやはり水温は上がっていない様子。最低レベルの水温でそのままって感じだな。水もなぜか濁っている感じだ。また移動する。横利根川へ。

横利根川に行ったら、めちゃめちゃ混んでいた。あまりやるスペースがないので、デラクーやメタルバイブなど遠投して探っていたが、20分ぐらいで2個もロストしたわ(;´Д`)。ここはやる気にならないので、最後30分で移動することに。また与田浦へ。

最後与田浦で実績のあるポイントへ向かう。最後ドラマ魚来い!と思いながらやったが、まったく音沙汰なし。ノーバイトで終わりました。完全試合達成です!

以上、何もないままあっという間に時間が過ぎ去っていきました。ついに無の世界がやってきました。水温4℃ぐらいになると何やっても無駄という感じになるな。久々に味わったな。無の世界を。

まあ、こんな状況でも釣る人は釣っているので、やり方はあるのだろう。いくつか反省材料はあるので、また次回リベンジしたいが、次はいつ行くんだ?2月キツイからな、、。

ではまた。

【関連記事】
12/28釣行記。クソ寒い真冬になってた霞ヶ浦水系。なんとか1匹ゲット!
12/4釣行記。やけに暖かい12月の霞ヶ浦水系。なんとかボウズ回避、1匹ゲット。(横利根川、常陸利根川とか)

霞ヶ浦水系の冬の定番ポイント紹介。与田浦の南側エリア
北浦の釣り禁止エリアで釣りするなよ!
もうすぐ夏休み!初心者にオススメの霞ヶ浦水系バス釣りポイント3箇所!
霞ヶ浦の水温をリアルタイムで確認する方法!
スモラバのトレーラーワームは何がベストか?

コメント