12/6釣行記。寒くない12月の霞ヶ浦水系。キロフィッシュゲット!(与田浦、北利根川など)

与田浦
霞ヶ浦
4,169円(税込)※09/25時点

こんばんは。
今日も行ってました霞ヶ浦水系。寒いから休むかなんて前回思いましたが、1週間空くと釣りしたくなるのでやっぱり行ってしまいます。寒さなんて関係ない。中毒ですからね(笑)。ただ今日はそれほど寒くなかったですね。前回より3度ぐらい温度が高い。少々温度が高い環境がどう影響するのだろうか?

4時半起床。6時半頃現地着。まずは北利根川の牛堀テトラ帯を攻めてみることにした。

まあまあ人は多い。寒いのにご苦労様です。今後真冬になってもこんな感じなんだろうか。自分は冬にバス釣りするのは今シーズンが初めての経験なんで知らなかったのだが、結構みなさんやるんですね。てっきりガラガラだと思ったのにね。

で、釣りの方ですが、2時間ほどテトラ回りなどダウンショットリグで攻めるが、安定のノーバイトです。ここは結構水深あるので、冬のポイントだと思うが、違うのかな?早くも今日はなんとなくヤバイ感じがしてきた、、。移動することに。今度は北利根川の下流(外浪逆浦の近く)の方のテトラ帯に行くことにした。

バスボート大杉(笑)

他にも行くとこあるだろ?ボートなんだからさぁ。浚渫とかオカッパリが手を出せないところとかあるでしょ?まあいいや。それだけここは釣れるということか。散々叩かれた後だと思うが、バスボートが手を出せないテトラの内側の穴を攻めたりしてみたが、ここも安定のノーバイトでした。また移動する。今度は鰐川に向かう。

しかし、ここも安定のノーバイトでした。橋の下はわずかの差で別のアングラーに入られてしまった。運もないな今日は。やばいな、、。また移動する。次は前回釣れた常陸利根川へ向かう。

ここに来る前に2,3本釣っている予定だったんだけどな、、、。ここで釣れないとまじヤバイ。しかし、前回のようにうまくいかない、、。なんか天気がぬるい感じだな。バスはまた散ってしまったかもしんないな。ここもノーバイトでした。

ここで昼になってしまった。というか時計を見たら13時を過ぎていた。もう残り少ないぞ、、。コンビニで飯を食って、次なる場所へ。しかしどこにするか迷ったな。前回釣れた頼みの綱である常陸利根川で釣れなかったのは痛い、、。いろいろ迷った挙句、与田浦に行くことにした。ただあまりもう期待出来ない感じだが、、。

曇ってきて寒くなってきた。水温を測ったら8度しかなかった。常陸利根川の方は11度ぐらいあったが、与田浦の方が水深が浅いから冷たいのかな?

一応与田浦は冬のポイントということになっているが、本当なのかな?水深は浅いし、あまり釣れる気しないんですけどね。正直あまり期待せずに釣りをすることに。杭回りをダウンショットで攻めていった。

回りを見るとカモがたくさんいるので、エサはあるのかな?ただ単にカモの越冬場所というだけか?しばらく杭を打って、200mぐらい歩くと、ある障害物があった。その障害物と杭の間にダウンショット打ってみるとグググッと重みが、、。なんだ?あれ?来てるぞ!バスだ!キター!!でかい。超でかい!!

今日初バイトでデカイのきた!なんかスゲー引くんですけど、、。おそらく今日最初で最後のチャンスなので絶対にバラさんという気持ちでなんとか頑張る。ようやくランディング。

きろふぃっしゅげっと!!

デブバスでした(笑)。長さは43cm。重さは1.3kgあった。長さの割に重かった。お腹がパンパンに張ってますね。ルアーは今回もケイテックのスイングインパクト2inchのダウンショットリグ。

しかしよく釣れたわ。ほとんどボウズを覚悟していたところだったので、ホント嬉しかった。与田浦はホントいつも意外性のある場所だよな。忘れた頃に釣れるんだよね。釣れない時はマジでドブって感じなところ。以前40up釣った時もこんなトコ居る訳ないだろって感じの水深30cmぐらいの所にあるゴミ溜まりの下で釣れたりしたからね。恐るべし与田浦

この後、他の場所も回ったが反応なく、16時半で暗くなってきたので、終了しました。

今日はなんとか1匹釣れた。ホント全然釣れなくてノーバイトノーフィッシュを覚悟したけどね。こういう日もある。釣りはいろいろドラマがあって面白いですわ。またより一層ハマっていきそうだ。

【関連記事】
霞ヶ浦水系の冬の定番ポイント紹介。鰐川テトラ帯。
北浦の釣り禁止エリアで釣りするなよ!
春から始める初心者にオススメの霞ヶ浦水系バス釣りポイント厳選3箇所!
ベイトフィネスリールには何ポンドのラインを巻くべきか?
霞ヶ浦の水門や水位、水温など確認できるサイトまとめ。【改訂版】

コメント