2/7釣行記。2月釣り人も減ってきた真冬の霞ヶ浦水系、、。(与田浦、横利根川とか)

YouTube
霞ヶ浦
4,169円(税込)※09/25時点

こんばんは。
今日も行ってました霞ヶ浦水系。前回釣行から3週間空きました。やっと釣りができるぜ。前回は水温7℃前後でしたが、あれからさらに下がり最近は5℃前後です。前回釣行後に寒波が来て一気に水温が下がりましたね。でも最近は5℃台で安定していましたので、バスも慣れた頃かなと思いましたが、はたして如何に、、。

4時起床。6時半頃現地着。まずは与田浦から。

気温は2℃。多少温度は高めだが、風が吹いていたので、結構寒い。水温は3℃だった。非接触の水温計なんで表面の水温です。でも3℃はかなり冷たいな。釣り人は少ない。1月に比べるとだいぶ少ないな、、。まあさすがに寒いからね。2月が一番厳しいよな、、。

ここでいつものようにダウンショットやスモラバで攻めるがまったく反応なし。寒いし結構シンドい。早くも気力が失せていくな、、。ネチネチやるのがシンドくなってので、メタルバイブを巻くことにする。多少体が温まった頃、一回バイトらしきものがあったが、乗らず。コイかレンギョに引っかかったのかな。魚にあたったのは確か。これだけでここは終了。移動する。今度は横利根川へ。

横利根川は巾着護岸を入れる工事をやってましたね。新しい巾着護岸がかなり増えてました。これでまた春以降パターンが変わりそうな予感、、。

横利根川はそこそこ人は多かったが、1月程ではない感じ。ここもやはり2月は減るのか。大曲付近でまたダウンショット、メタルバイブで攻めるがまったく反応なしでした。

移動する。今度は鰐川へ。

はい。ここも無反応でした。まったく釣れる気がしないわ。また移動する。今度は常陸利根川へ。

ここは人が多かったな。しかしここも何もなし。ヤバイ、ボウズか。また移動する。黒部川へ。

はい、異常なしです。何をしに来たんだろ?また移動する。横利根川へ帰る。

横利根川もまた何もなく、最後はまた与田浦へ。

さらに風が強くなった。北風が寒い。

ということで何もありませんでした。おしまい。
では、つまらんので動画撮ってみた。釣った動画じゃないけど、、。

やっぱ2月は厳しいわ、、。水温5℃なんで、さすがにこれくらいになるとバスもなかなか動かないんじゃないかな、、。まあもう寒さのピークは過ぎたと思うのでこれ以上下がることはないと思う。これでも例年より少し高めのようだしね、、。もうちょいこの温度で安定すればバスも慣れると思うが、、。

2月はボウズスタートになりましたが、なんとか最低でも1匹は釣ります。2月だけバス釣れなかったとかいう記録は残したくないですからね。

また当ブログはボウズでもちゃんとブログ書きます(*´∀`)。ボウズだと釣り行ってないことになっているブログ結構ありますが、、(笑)。なぜか釣りじゃなくてグルメリポートに変わっているブログとか結構見かけます(゚∀゚)。まあ良いんですけどね(笑)。ボウズの情報も貴重なんですよ。そこから得られるものはたくさんあるんで、書いた方が良いと思います。欲しいのはその人の現場の生の情報です。ラーメンの味ではありません(笑)。

【関連記事】
霞ヶ浦水系の冬の定番ポイント紹介。鰐川テトラ帯。
北浦の釣り禁止エリアで釣りするなよ!
春から始める初心者にオススメの霞ヶ浦水系バス釣りポイント厳選3箇所!
ベイトフィネスリールには何ポンドのラインを巻くべきか?
霞ヶ浦の水門や水位、水温など確認できるサイトまとめ。【改訂版】

コメント

  1. T より:

    私も横利根(閘門付近メイン)ちょくちょくやりますが、今年はまだノーフィッシュです。。厳しいですよね〜。
    NO FISHでも記事にする姿勢賛成です!私も釣りに行く前に「いつどこに行くか」宣言しちゃいます(笑)ボウズの情報も貴重ですよね。
    釣れても釣れなくても記事を楽しみにしています!

  2. Unknown より:

    私も与田浦周辺をよく釣りに行くのでブログ読まさせてもらっています。更新楽しみにしています。

  3. 黒川馬須夫 bassou より:

    >Tさん
    コメントありがとうございます。これからもボウズ情報も出していきます!ホントは書くのつらいんですが(笑)。

  4. 黒川馬須夫 bassou より:

    >Unknownさん
    コメントありがとうございます。楽しみにして頂けるとこちらもモチベ上がります!