初心者にオススメの琵琶湖のおかっぱりバス釣りポイント3箇所!関東人が教える!

ポイント紹介

こんばんは。
7月も中旬になり、もう夏休みを取っている人もいるかと思います。夏休みになったら琵琶湖に行こう!という人もいるのではないでしょうか。そこで琵琶湖の初心者にオススメのオカッパリのバス釣りポイントをご案内します。

はぁ?おまえ関東の人間だろ?琵琶湖知らねーだろと思われるかもしれませんが、去年の夏と今年のGWにかなり歩き回って琵琶湖を開拓しましたし、琵琶湖が好きなので、琵琶湖関連の情報は常に入手してます。琵琶湖のマップも2冊持ってます。かなり琵琶湖の知識はあります。なので、自分の経験と知識を活かした情報をお届けします。

※ポイント紹介記事はアクセス数が稼げる鉄板ネタですので、ブログ運営者としてはやりたくてしょうがないネタです。
※あくまで初心者向けのポイントです。気軽に釣りができるポイントを選んでいます。

彦根港

彦根市にある港です。新港と旧港があります。港は彦根城につながっています。港なので足場が良く釣りやすいです。魚影も濃いです。冬場はバスの越冬場所にもなっています。東京から車で行く時は、彦根が一番近いポイントになると思います。

自分は去年の夏ここで、かなり釣りました。小バスならかなり釣れます。デカイのは40UPまででしたが、そこそこデカイのも釣れます。ただ、基本的にデカイのは沖のウィードの中に居るので、オカッパリから釣るのは難しいと思った方が良いです。釣り方としては、5インチ以上のワームでダウンショットリグかネコリグを使えば釣れます。小さいワームを使うとギルしか釣れません。初めて行く人はギルの多さにビックリすると思います。関東のノリでライトリグを使うとギル祭りになります。

一部立ち入り禁止エリアがありますので、ご注意下さい。また基本的に漁港ですので、マナーには気をつけて下さい。

木浜水路

ここは埋め立て地で、人工的に作られた水路がある場所です。ここも足場が良く、基本的に車で入って行ける場所なので、釣りがし易いポイントになります。釣り人もとても多い場所です。釣り方は彦根と同じ。護岸際のウィードの隙間が狙い目です。ここもデカイのはあまりいません。小バスが釣れます。


夏場は水通しが悪く、完全に水が死んでいるところがありますが、そこは釣れません。バスボートが頻繁に行き来している水路がありますが、そこは酸素量が豊富なのか結構釣れます。動画もありますので、最後のリンクをご確認下さい。

浜大津

ここは琵琶湖の中心地ですね。超メジャースポット。釣り人もとても多い場所です。マンメイドストラクチャーがたくさんあり、魚が居そうなポイントが豊富です。ただ、琵琶湖のバスはあまりマンメイドストラクチャーには付いてないですね。ウィードの中にいるケースが多いので、ウィードを見つけるのが大事です。ヘビキャロで沖のウィードを狙うとデカイのも釣れるようです。実際GWに行った時は隣の人がデカイの釣ってました。

ここは市街地なので、駐車場は有料になります。混んでいると停められない場合もあります。あと釣り以外の人も多いので、キャストする際は注意が必要です。

以上、3箇所ご案内しました。ここで釣っている自分の動画も良ければ御覧ください。

それではまた。

【関連記事】
GWの琵琶湖遠征(後編)。悪戦苦闘のバス釣り。最後にドラマ魚が!
GWの琵琶湖遠征(前編)。激シブ!釣れない琵琶湖。最後になんとか一匹バスゲット、、。
2016年8月夏の琵琶湖釣行記(後編)。ラスト1日、ロクマルは釣れたのか?!
この本ヤバイ!琵琶湖には1mのバスが居る!「でかバスMAGAZINE」を読んで。

コメント