2016年8月夏の琵琶湖釣行記(後編)。ラスト1日、ロクマルは釣れたのか?!

琵琶湖

こんばんは。
琵琶湖釣行記最終章です。中編では琵琶湖の夏のパターンを掴んで、だいぶ琵琶湖の釣りに慣れてきた感じだ。琵琶湖ってだけで興奮していたが、自分が琵琶湖で釣りをしていることに違和感を感じなくなった。40upも釣ったし、果たしてこの調子で最終日にデカイの釣れるのか?!

最終日は夜のなが~いドライブがあるので、しっかり睡眠を取った。連日の猛暑で疲れていることもある。6時頃起きて、釣り場に着いたのは7時過ぎ。

前日やっていた木浜水路から始めることにした。とりあえずここは小さいバスは釣れる。朝からすでに30℃を超えている。バサーも結構多い。まずは昨日と同じここはレインズスワンプのネコリグで攻める。護岸際などをゆっくりせめていると早速キマシタ

30前半のバス。とりあえず1匹出た。これくらいのバスは昨日から結構釣っている。その後も3,4匹追加するが、全部30前後のバスだった。ここはやはりデカイの出ないなと思い、水門の外に出てみた。

ここはテトラや漁港があったが、あまり釣りができるところがない。少しやってみたが反応なし。なかなかオカッパリでは難しい場所だ。移動することにした。とりあえず車で走って、感で良さ気なところで釣りをしてみることにした。

ぱっと見では良さそうに思えるが、近くに行くとウィードだらけで、バスが付いてそうな感じじゃない。バスの居るウィードはもっと濃いところだと思うが、オカッパリだとなかなかそういうところまで届かない感じ。なかなか良い釣り場を見つけるのが難しい。

矢橋帰帆島という島にも行ってみたが、ここはまったくダメだった。ギルすら居ない。今日はイマイチ感が鈍いな。暑さのせいかもしれない。今日も35℃超えている。どうも釣れる気がしないまま昼になってしまった。

ヤバイな~釣れない。小さいのだったらおそらく水路に行けば釣れる。しかし小さいの釣りに来たのではない。釣りたいのはロクマルだ。いや50upでいいです。50up釣りたい。琵琶湖なら釣れんじゃないのか?


後半どこに行くか迷ったが、もう帰りのことも考えないといけない時間帯だ。最後は一番釣れた北湖の彦根港に戻ることにした。彦根だと帰りの高速に乗りやすいしね。

また来たぜ、彦根。ここは40up釣ったあたりをまたネコリグで攻める。ここは相変わらずギルがたくさん居るわ。ネコリグをフォールさせてもまっすぐ落ちてくれない。途中でギルがつっついてくるのだ。これに騙されて合わせてはダメで、無視してボトムまで落とすのが大事。合わせるとワームがちぎれてしまう。

ここではまた20~30の小バス3匹ほど釣れた。ここもあまりデカイの期待できないので、堤防の方に向かう。

もう日が暮れてきた。そろそろ帰らないといけない時間。ラスト一時間ぐらい。最後にドラマ魚来るのか?頼むから来てくれ~。 ここも堤防の際をネコリグで攻めるとなんと一発目からキタ!まあまあデカイかも。

35cmぐらいのプリプリのバス。少しサイズアップしたが、これじゃないんだな。もっとデカイの釣りたいのだ。でも結構ここは釣れそうな予感がする。まだ時間はある。もっと来いと思ってまたネコリグで攻めるとまたキタ!

また35cmぐらい。まあまあいいバスなんだけどね、、。もうちょいデカイの欲しいのよ。さらに同じぐらいのもう1匹釣った。短時間で3発まあまあのサイズキタが、もうひと越えしてくれよ~(;´Д`)。

もう最後10分ぐらいになった。ドラマ魚来い。ドラマ魚来い!ここで50up来たらマジでドラマだななんて思って釣っていた。この堤防にもう一人バサーが居たのだが、移動して居なくなったので、そこに移動してまた際をネコリグで攻める。巻物やっていて、際はやっていなかったので、もしかしたら釣れんじゃね?と思ったら、 なんとキタぞ!今までよりちょいデカイかもしれない。ドラマ魚か!?ドラマ魚来ちゃったのか(*´∀`)

39cm(;´Д`)。プリプリの良いバスなんだけどさ、、。あと10cm足りないな(;´Д`)。39cmっていうのが今の俺の限界なのか(;´Д`)。このバスで琵琶湖釣行は終了しました。

長い琵琶湖釣行が終了しました。結局50upは釣れず。でも楽しかったわ。琵琶湖面白すぎですわ。ロクマルが釣れる可能性があるフィールドで釣りをするのは、やっていて期待感が違う。ひょっとしたらロクマルという期待がもてること自体、楽しくてしょうがない。ロクマルが釣れないとしても魚影が濃いので、魚にはたくさん触れて楽しめる。

少なくとも霞ヶ浦水系よりバスは多いですね。駆除とかやっていても確実にカスミより魚は居ますわ。ギルも半端ないが、、。ギルの多さにはびっくりしたね。ギルの駆除釣り大会とかやっているらしいが、まったく結果出てねーな。リリース禁止とかやめてバサーが増えた方が確実に魚の数減るのにね。統計的にはリリースしても10%以上のバスは死んじゃうらしいからね。

そんなことはともかく、琵琶湖はやはりすごい湖でした。いろいろ楽しめました。また来たいですね。今度いつ行けるかわからないが、行こうと思えば行ける。関東在住で琵琶湖に行きたいと思っていてもなかなか行けずに躊躇している方が結構居ると思いますが、意外と近いので、思い切って行ってしまうことをオススメします。考えてしまうとなかなか行けません。えいやーって感じで行ってみて下さい。意外と簡単に行けます(笑)。ただハマって東京から琵琶湖に頻繁に通うようになったら廃人の道まっしぐらです。そういう人たまに居ます。そうなりそうな予感あるが(;´Д`)。

【関連記事】
2016年8月夏の琵琶湖釣行記(中編)。パターン読めてきたぞ!しかし琵琶湖のウィード半端ねえ、、。
2016年8月夏の琵琶湖釣行記(前編)。北湖のデカさに翻弄されまくり!ビックサイズは出るのか、、。

ブラックバス世界最大ギネス記録捕獲時(琵琶湖)の動画
この本ヤバイ!琵琶湖には1mのバスが居る!「でかバスMAGAZINE」を読んで。

コメント