フィッシングショーで見かけた今年発売の気になるルアー達

ルアー

こんばんは。

もう花粉が飛び始めたようですね。まだ寒い2月ですが、鼻に高感度センサーを持つ会社の同僚が花粉の到来を教えてくれました。自分は花粉症ではないのでわかりませんが、もう春なんですね。そろそろリールのメンテナンスをしないと、、。

フィッシングショーで気になったルアー!ジャッカル


今さらな感じがしますが、フィッシングショー横浜で見かけたルアーについて、気になるものを紹介したいと思います。まずはジャッカルですが、リボルテージという新ブランドから発売される虫ルアーです。

上の写真のワームですが、浮くタイプの虫ルアーではなく、沈むようです。驚異の新人藤田京弥プロが考案したそうです。足がリアルでいい感じで動きそうですね。尻尾はシャッドテールになっていて引いても使える。ヘビキャロなどでも使えそうですね。「BG-1.5」という名前になってますが、まだ仮のようです。

次にホールフリックというネコリグ用ワーム。フリックシェイクの亜種?だが、特徴は真ん中に穴が空いているところですね。オフセットフックを付けられるように穴が空いているようです。いいアイデアだと思いますね。これでテキサスリグのようにカバーにネコリグを入れられます。

次に「スピンヴィドー」です。ダウズヴィドーの小さい版ですね。ダウズヴィドーが90mmあるのに対して、スピンヴィドーは70mmとなってます。なかなか絶妙なサイズになっているので、霞ヶ浦のワカサギパターンとかで有効ではないでしょうか。

エバーグリーンのピッコロ

エバーグリーンで気になったのは、スモールクランクのピッコロです。めちゃめちゃ小さくて可愛い形をしています。これは釣れそうな形ですね。実際にテストではよく釣れていたとか。潜行深度は1.5mとなってます。

次は、バックスライド用ワームのエッジブレイカーです。大きな爪が印象的ですね。使い勝手が良さそうな感じのワームです。



レアリス

レアリスからアメリカのバスプロ(誰かは忘れたw)が開発に携わったルアーが今年色々と発売されるようです。なかなかシンプルでありながら、釣れそうな雰囲気が漂ってくるようなルアーですね。レアリスのルアーは安いので、しっかり定番となるようなルアーを作ってくれるとありがたいです。

ダイワから懐かしのソルティースラッガーが!

ダイワからは以前あったソルティースラッガーがまた新しくなって再登場するようです。以前は大量の塩にまぶして売られていたと記憶してますが、今回はどうなるのでしょうか。これはダウンショットとかで使えば確実に釣れる?奴ですね。発売がいつになるのか気になるところです。

まとめ

今年は革命的?なルアーや超話題になるようなルアーは無いような感じですが、まだ出てないだけなんでしょうか。今年も色々と買うことになると思いますが、使っていないルアーが家に大量にあります。

新商品が出るととりあえず色も3色ぐらい買ってしまうのですが、今年はコレをヤメようと思ってます。結局使わないで終わるので、1色だけで我慢しようと思います。ただ出ると買ってしまうんだよな、、。

それではまた。



コメント