元祖沈む虫?ハイドアップのコイケシュリンプがヤバすぎる

ハイドアップ

こんばんは。

やっと関東地方は梅雨明けしそうですね。今年の7月は異常だった。釣りに行くと確実に雨が降ったし、気温が低かった。去年は逆に7月初めからクソ暑かったが極端だなぁ。今年の7月の寒さは今後の釣りにどう影響するのか?

沈む虫の元祖か?コイケシュリンプ

釣具屋に行ったら面白そうなルアーがあったのでバイトしました。ハイドアップのコイケシュリンプ(Coike Shrimp)です。いわゆる虫系のワームですが、今年各社発売されて人気になっている沈む虫ですね。

コイケシュリンプはかなり前から売られていたワームのようで、もしかすると沈む虫系ワームの元祖かもしれません。昨今の沈む虫ブームでまた復活させたのでしょうか。

値段は1パック950円で5個入りです。1個あたり200円するなかなかの高級ワームですね。これは無くしたら痛いですね。

毛が360度全面に付いている

このワームの特徴は毛が360度全面に付いているところですね。かなり毛が多いので、この辺が値段が高くなる原因なんでしょうか。かなり生産するのにコストがかかりそう。通常の虫系ワームはサイドに毛が付いているだけですからね。

尻尾も2本付いている。なかなか作りが細かいですね。これを見切るバスは居るのでしょうか。

コイケシュリンプの重さは?


重さは3.3gあります。結構重いですね。スピニングタックルならノーシンカーでも結構飛距離が出ると思う。リグは基本的にはノーシンカーで使う形になるでしょう。キャロライナリグで使うのも良さげですね。

楽天で購入

たぶんこの手のルアーは一度店頭から無くなると次にいつ入荷するかわからないので、買うならすぐに買っておいた方が良いですね。

霞で何を投げても見切るようなスレバスに遭遇したら使ってみようかな。

それではまた。

コイケ シュリンプ
コイケ シュリンプ Coik Shrimp > 製品紹介 >

コメント