バックスライドの本命か?ゲーリーのバックスライドホッグ!

ゲーリーヤマモト

こんばんは。
梅雨入りしましたが、これからどんどん暑くなっていきます。夏と言えばバックスライドでしょ?ということで、各社今年も色々なバックスライド系ワームが発売されています。色々ある中で自分がちょっと気になって買ってみたのがこちら。

バックスライドホッグ

ゲーリーヤマモトのバックスライドホッグだ。ゲーリーヤマモトというだけでなんとなく釣れそうな気がするよね。実際はそんなことはないが、ブランドの力はでかいね。マテリアルが良いから釣れるという話は信じてませんが、、。

バックスライドホッグ

このバックスライドホッグを気に入ったのは、ボディが扁平なところですね。扁平になっているので、フックサイズを小さくできるハズです。大体がバックスライド系のワームは丸くて太いのが多く、フックサイズを大きくせざるを得ないものがほとんどだ。

そのせいでバックスライド系ワームはフッキングが悪い。よくすっぽ抜けるし、逆にちょっと待ってからフッキングすると飲み込まれてしまう。このワームなら小さいサイズのフックが使えて、フッキングも良くなるのではないかと思っているのだが、、。

バックスライドホッグ

バックスライドと言えば、今までよく使っていたのはファットイカですね。バックスライドはファットイカさえ持って入ればOKだと思っていたから、あまり他のワームは買ってこなかった。比較してみると大きさは同じぐらい。ボティはやっぱりファットイカの方が太くてデカイ。バックスライドホッグの方がよりエビやザリガニのフォルムに似ていて良いと思うね。ヤゴにも似ているな。

バックスライドホッグ

重さは10gちょうどだ。これは狙って10gにしたようですね。使い勝手を考えて10gにしたとか。HPの説明文に書かれていました。たしかにちょうどいいサイズ感だなと思う。

このワームですが、バックスライド用だけでなく、普通にズル引きとかでも結構釣れそうな感じですね。なかなか使い勝手が良さそうなワームですね。

それではまた。

【関連記事】
なぜかよく釣れるファットイカ
ダイワとゲーリーヤマモトのコラボルアー!?
フィネスバサー必読の書だ!「Finesse Fishing with Gary Family-ゲーリーファミリーと学ぶ8つのリグ」

コメント