エラーが発生しました

OSPのネコリグ専用フック「スクラム」を買ってみた

OSP
スクラム OSP
495円(税込)※11/26時点

こんばんは。

寒くなると途端に釣り欲が減退するのですが、YouTubeとかで他人の釣果を見ているとムラムラして釣りに行きたくなってきます。気が向いたら今年中にあと1回は釣りに行こうかな、、。

OSPからカバーネコリグ専用フック登場


釣りには行ってませんが、釣具屋には行ってます。以前から気になっていたフックが発売になったので買ってみました。OSPのネコリグ専用フック「SCRUM(スクラム)」です。


これはどこかで見たことある形のフックですね。ネコリグ用フックと言えば自分も愛用しているハヤブサのNSSフックですが、そっくりな形をしています。違いはワームを支えるアームがV字になっているところですね。比較してみると、、


同じ1/0サイズで比較してみると若干スクラムの方が大きく、また太軸になってますね。ハリの湾曲とか形はほぼ同じです。どこのメーカーが生産しているのでしょうかね?

ワームに刺してみた


実際にワームにセットしてみましたが、刺し方はNSSフックと同じです。初めに刺す時に垂直ではなくやや斜めに刺すのがポイントです。V字のアームが長いので少しNSSフックよりセットしづらい。アームを畳んでから刺した方が良いですね。


V字のアームが長いのでワームにホールドしやすく安定しやすいですね。またNSSフックはカバーネコとかで思いっきり合わせたりするとフックがすっぽ抜けることが良くあるのだが、スクラムならアームが長いのですっぽ抜けが減りそうですね。

まとめ


NSSフックよりセットしづらい点はあるが、ワームをキープする性能はスクラムの方が上だと思いますね。ヘビーカバーに入れて使う時などはスクラムの方が良さげです。通常利用なら扱い易いNSSフックかな。

「スクラム OSP」を探す
495円(税込)※2021/11/26時点 楽天調べ

それではまた。

SCRUM | O.S.P,Inc.
ネコリグを使うならNSSフックを使ったスナッグレスネコリグが最高!
※2018年8月3日更新。2016年10月14日公開。 こんばんは。 今回はスナッグレスネコリグの話。今年の夏に亀山ダムでスナッグレスネコリグでのカバー撃ちが良いと聞いて以来、今日まで使いまくっています。かなり気に入っています。すで...

コメント