直リグに最適のフック!がまかつのエルディーマスター!

リグ

こんばんは。
霞ヶ浦でJBプロTOP50の大会が開催されてますが、結果を見るとなかなか厳しい感じのコンディションですね。まあ、上位の人はなんだかんだちゃんと釣ってきます。霞で厳しいから釣れないは言い訳にしかならないんですよね。絶対に釣る人がいるからね。霞はでかいので、どこかに必ず良いポイントがある。それを見つけるのが霞の釣りです。

がまかつのエルディーマスター

福島健プロがプロデュースしたという直リグ(リーダーレスダウンショットリグ)に適したフックを買ってみた。がまかつ製で名前はエルディーマスターという商品です。普通のオフセットフックと何が違うのか?

がまかつのエルディーマスター

一見すると普通のオフセットフックのようだが、実際に手にとって見ると全然違います。

がまかつのエルディーマスター

上がエルディーマスターで、下が一般的なオフセットフックです。フックの湾曲している部分がエルディーマスターはストレートに近いですね。フックの幅が狭くなっている。

これによって、ワームがボトムに着底したときに横倒しするのを防いでいるようです。 使うワームはエバーグリーンのフラップクローを想定していると思いますが、大きな爪があり、その中間でフックが爪よりも突き出ない形になり、ボトムで水平姿勢をキーブできる。

これはなかなか良いですね。ワームが横倒しになるのってかなり気になりますよね。一切気にしない人もいますが、自分はかなり気になる。横に倒れた時点でバスには見切られると思う。水平姿勢キープはとても重要だ。バスはなんとも思ってない可能性もあるが。

がまかつのエルディーマスター

直リグ(リーダーレスダウンショットリグ)用ということで、アイにもこだわりがある。普通のフックより一回りぐらい大きいアイになっている。これもいいですね。スプリットリングが付けやすいです。またフックはかなり太軸ですね。ハードカバーに入れて抜き上げても折れることは無さそうです。

がまかつのエルディーマスター

重さは0.9gある。まあまあ重いです。太軸なんでこれぐらいはある。

直リグ好きにはオススメのフックですね。こだわりの感じられるフックです。
それではまた。

【関連記事】
ダウンショットリグのリーダーは何センチがベストなのか?
ネコリグを使うならNSSフックを使ったスナッグレスネコリグが最高!
ダウンショットリグのノット(結び方)はパロマーノットが最強!ネコリグのネイルシンカーならダイワのバザーズワームシンカーTGがオススメ!

最近使っているブレーバーのネコリグセッティングについて

コメント