実力は如何に?デコイのスナッグレスネコ専用NKフック

小道具

こんばんは。
昨日は久々に土曜日に釣りに行っていたのですが、次の日に休めるの楽だわ(*´∀`*)。日曜日に釣りに行くと次の日が出勤でシンドいのだ。今後は土曜に釣り行こうかな。まあ土曜日は早起きがキツイのだが(;´Д`)。

今日は買物ネタです。新しく発売されたスナッグレスネコ用のフックであるデコイのNKフックというものを買ってみた。 スナッグレスネコといえば、フィナのNSSフックで、自分も愛用しているが、今回新商品のNKフックはどんなものなのか興味があったので、一つ買ってみた。

オフセットフックのように使うのがNSSフックとは違うところ。付けた後に針先をワームに埋め込む。セットするのはオフセットと同じような感覚でできるので簡単だ。

NKフックとNSSフックを比較してみた。ワームズレを防ぐバーブはNKフックの方が良いな。ワームにスルッと刺さる。NSSフックの場合はバーブの部分が太くてワームに大きな穴が空いてしまうことが多い。これが釣れた時のワームのスッポ抜けにつながる。NKフックはこのあたり後発なんで良い物を作った感じはする。

ワームに付けてみた。セットするのはとても簡単ですね。スナッグレス性も高そうだ。ただ問題はアイとフックの底辺部の距離が長いことだね。フックの部分はアクションしないし、前後のワーム部分が垂れるので、全体の形がイマイチ悪くなる。マスバリチョン掛けの時のようなキレイな曲線にならない。これはNSSフックにも言えることだが、NSSフックよりもさらに長いので、この辺はマイナスポイントですね。

一応ネコリグ専用だけど他のリグにも使えそうだ。普通にオフセットの代わりにもなる。現時点では自分的にはNSSフックの方に軍配が上がるけど、色々なシチュエーションに合わせて使うことがあるかもしれない。悪くないと思います。

以上、それではまた。

【関連記事】
ネコリグを使うならNSSフックを使ったスナッグレスネコリグが最高!
最近使っているブレーバーのネコリグセッティングについて
ネコリグ学習のため、2013年のBasser誌バックナンバーを買う

コメント