ダミキリグ(Damiki Rig)は日本で流行るか?

バスプロ

こんばんは。
先日アメリカのバス釣りトーナメントであるバスマスターエリートの2017開幕戦がチェロキーレイクという場所で開催されていたのですが、そこで上位陣が使っていたリグが話題になっているようです。

ダミキリグ(Damiki Rig)という名前のリグらしいです。写真を見るとジグヘッドに3インチぐらいのシャッドテールワームを付けているだけのリグですね。なんでダミキリグっていう名前なんだろ。ダミキジャパンというメーカーと関係あるのか?この正体不明のリグで上位の選手はボコボコくそ寒い中(氷点下の気温だったらしい)スモールマウスバスを釣っていたようです。

アメリカ人の間でもなぜドロップショットリグ(ダウンショットリグ)ではなく、ダミキリグなのかが話題になっているようです。英語のサイトを見て確認しているので、正確に理解できているかわかりませんが、どうやら魚探を見ながら正確にボトムの岩盤の上にタイトに付いているバスにアプローチするには、ドロップショットよりジグヘッドの方が良かったようですね。あとチェロキーレイクのローカル選手の間ではよく釣れるリグだったようで、そういう情報を手に入れた選手が上位に行けたのかもしれない。

これは日本でも流行るんじゃないかな。 特に桧原湖とかのスモールマウスバスに有効なのではないかと思う。それ以外にも普通にライトリグ使う場面で効果あるでしょ。

参考:http://www.bassmaster.com/blog/meet-damiki-rig

動画:

アメリカ人はもっとダイナミックな釣りをすると思っている人には意外かもしれないが、アメリカのバスプロも釣るためには、ライトリグでもなんでもやるんですね。てかアメリカの釣りユーチューバー見ていると皆ダウンショットリグ使いまくっているからね。特にゲーリーの4inchヤマセンコーはアメリカでもすごい人気だな~という印象ですね。まあ釣れるものを使うに決まってます。

このテクニックは日本でも十分通用すると思いますね。まあ普通のジグヘッドリグなんでね。ただアイが真上を向いているヤツじゃないとダメそう。水平姿勢をキープさせていると思う。この手のジグヘッドあったかな。最近のは斜め上にアイが付いているからね。ジグヘッドがあったら今度霞ヶ浦水系のテトラの穴撃ちする時に使ってみようかな。スゲー釣れそうな気がしてきた。

ではまた。

【関連記事】
フィネスバサー必読の書だ!「Finesse Fishing with Gary Family-ゲーリーファミリーと学ぶ8つのリグ」
今日の買物。これは釣れるに決まってる!DSTYLEのSHAKE SHADシェイクシャッド3inch
スモラバのトレーラーワームは何がベストか?
結局ネコリグで使うストレートワームは何が良いのか?
最近使っているブレーバーのネコリグセッティングについて
ネコリグを使うならNSSフックを使ったスナッグレスネコリグが最高!
最強のスモラバ!エグジグハイパー!

コメント