ブラックバスの美味しい食べ方!捌き方など紹介

YouTube

こんばんは。
今回はブラックバスの食べ方に関するYoutube動画の紹介です。

ブラックバス食べたことありますか?バスは基本キャッチアンドリリースなので、食べる人はあまりいません。それ以前に汚そうな淡水の魚を獲って食べるということ自体に抵抗がありますよね。

でも私は1回だけ霞ヶ浦のバスを食べたことがあります。それも最近の話です。霞ヶ浦のバスなんて喰うのかよ、、と思わるかもしれませんが、普通にうまかったですよ。泥臭い感じなどはまったくなく、普通の白身の魚でしたね。むしろ海の魚よりうまいくらいでしたね。まあ喰ったのは1回きりです。基本はもちろんリリースです。

ただ、美味しく食べるにはちゃんとした調理が必要になります。そうしないとやはり淡水魚特有の臭みが出ます。その調理法を解説したのがこの動画。

この動画で解説してあるように、脂肪分や浮袋の部分、皮などをしっかり切り落とすことによって臭みが捕れます。

まあカスミのバスはエビをたくさん喰ってますからうまいはずですよ。ただ、カスミの湖底にはかなり放射能が溜まっているので、あまりたくさん食べないほうがいいですね。 生態系の上位に来るフィッシュイーターにはかなり溜まりますから。こんなこと書くと風評だと言って怒られそうですが、、。

もし食べる機会があればご参考までに。

※追記2018.06.03
バスは美味しい魚なんで、琵琶湖とか駆除するんじゃなくて、積極的に食べるべきですね。まあ一部では結構食べられているみたいですけど。もっと食うべし。フナや鮎より絶対にうまい。

コメント