12/28釣行記。本格的な冬になった霞ヶ浦水系。ノーノー達成!(横利根川、与田浦とか)

与田浦

こんばんは。
本日霞ヶ浦水系に行ってました。いつもは日曜日に行くのですが、正月休みに入ったので、わざわざ日曜日に行くこともなかろうと思ってね。まだ休みじゃないところもあり、今日は空いているんじゃね?と思ったのですが、裏目に出ました。ここ一週間で今日が一番激烈寒いです(*´Д`)。昨日の方が良かったな、、日中は結構暖かかった、、。

さて、この寒さで今日の結果は如何に?とまあ今回は先に結果を書きます。なんと偉業を達成しました。ノーノーです。

ご安心下さい。ボウズの事です(笑)。

ノーノー、、それはノーヒットノーランの事ですが、バス釣りではノーバイトノーフィッシュのことでやす。完全試合と言う人もいます。 まったく何もなかったです。ノーバイトどころか水中の生物を何も見なかったですね。小魚やボラ、コイすら見ませんでした。カスミに生命は存在しているのでしょうか?月面並に生命感なかったです。水辺付近で高さ5、6フィートほどの動物ならたくさん見かけましたが(笑)。

ということで、ボウズなので、今日の釣行記はサラッと説明します。

4時起床。6時頃現地着。まずは横利根川から。

気温マイナス1℃。水温は7℃前後。人は5,6人いたかな。ダウンショット、シャッド、メタルジグなどで攻めるが無反応でした。今日はガイドについた水が凍りました。なんかリールの巻きが重いななんて思ったら凍ってましたよ。

移動する。次は、与田浦。

今日は日中でも寒い。人はポツポツいる程度。割と空いていた。ここもダウンショットとかシャッドで攻めるが何もなし。シャッドを一つロストしました。根掛かり回収機で外そうとしたが、ガッツリ引っかかっていて、全然取れない。危うく根掛かり回収機をロストしそうになったわ。

ダイワ(Daiwa) ルアーキャッチャー 根がかりルアー回収機


移動する。次は常陸利根川へ。

なんもなし。ここは珍しく今日は空いていたのですが、釣りの方は音沙汰なし。もうここで14時頃。あっという間に時間が過ぎていく、、。最後はまた与田浦にちょっと寄って、ダメだったので、横利根川に向かう。

朝やったところの対岸側のテトラ帯を攻める。前回メザシ級のバスを釣ったところ。しかし、今日は何もなし。17時頃に暗くなったので、終了となりました。

先週から寒くなっていたのですが、今日の寒さでまた一段階水温が下がったと思われる。その下がった時に来てしまったので、ボウズです。寒くても安定している時なら良いはずなんですが、もろ下がったタイミングなんで厳しいですね。まあこんな状況でも誰かしらは釣っているんでしょうから、環境のせいにはできませんが。

これで今年ラストの釣行はボウズで終わってしまいました。ボウズで終わりたくないわ。もう一回デカイの釣りたいおー。ちくしょーもう一回行っちゃおうかな。まあまたボウズになる危険性は高いけど(*´Д`)。

【関連記事】
霞ヶ浦水系の冬の定番ポイント紹介。与田浦の南側エリア
北浦の釣り禁止エリアで釣りするなよ!
もうすぐ夏休み!初心者にオススメの霞ヶ浦水系バス釣りポイント3箇所!
霞ヶ浦の水温をリアルタイムで確認する方法!
スモラバのトレーラーワームは何がベストか?

コメント