2/21釣行記。2月の嵐の後の霞ヶ浦水系。(北浦、常陸利根川とか)

ナマズ
霞ヶ浦
4,169円(税込)※09/28時点

こんばんは。
今日も行ってました霞ヶ浦水系。昨日は大雨と強風で大荒れだった関東地方ですが、深夜0時頃には止み、今日は晴れて暖かくなる予報でした。カスミの水温は最近は8℃台。初春のパターンになるのか?

4時起床。6時頃現地着。まずは霞ヶ浦本湖の某所。

場所は写真で特定して下さい(笑)。知っている人ならすぐわかるかな。昨日は強い南風が吹いていたようなので、北側にワカサギが流れ着くと読んで、この場所を選択してみた。北側に岸がある所です。来てみたがバサーはまったく居ない。水鳥はたくさん居るが沖の方にいるな、、。岸辺を見たがワカサギとかシラウオは全く見当たらない。外したかな?

風もまったくなく穏やかな感じ、、。 完全に読みが外れたか、、。一応予定通りワカサギ系のビックミノーを買ったばかりのジリオンSV TWで巻き巻きする。遠投するが全然水鳥が居る辺りまで届かん、、。昔から遠投力激弱なんでツライ展開だ。40m以上はキツイわ。ビックミノーは重いけど空気抵抗があるからあんま飛ばないんだよね、、。遠投は諦めて左投げの練習することにした。利き手の右手だけで遠投を繰り返すと肩や首がヤバイことになるからね、、。

2時間ぐらいやるが完全ノーバイツ。あーやべーまた朝一しくじった、、と思って諦めかけたその時なんかキタ。ぐっと合わせるとグイグイ来ましたー。おやスゲーデカイぞ。てか半端無くデカイ!これはひょっとしてスゴイんじゃない、、。夢の50UP&2キロオーバーか?!なんて思ったら、黒い魚体が、、、。

ズーナマでした(*´Д`)。デカイです。ネットに入らなかった(笑)。頭だけ入れて尻尾を手で抑えてランディングした。

測ったら70upでした。ズーナマのナナマルは自己新記録だな。まあスレですけど。絶対バスだと思ったのにね。2キロぐらいあるバスだと思ったのによ。5キロぐらいあるズーナマとは(笑)。こんだけの巨大魚釣ったけど全然うれしくなかったわ。ホントがっかりしたよ。なんだよズーナマかよって、、(*´Д`)。

まあジリオンの性能テストにはなりましたね。ラインは14ポンドでしたが、結構楽に引き上げられましたよ。怪魚ハンティングにも使えんじゃないかな。ZILLION SV TWなかなか良いです。他にも色々良い点はありまして、トータルで良いリールですよ。バックラッシュは当然まったく無しです。SV使っているとバックラッシュしないのが当たり前になりますね。

ここはこれで終わり。移動する。北浦へGO!

鹿行大橋の近く。ベタ凪だな、、。風が吹いてくれないとな、、。西風という予報だったので、東岸に行ったのだが、、。ここでもビックミノーを投げるが反応なし。ここでビックミノー根掛かりして一個ロスト。痛い!ルアー回収機で頑張ったけどダメだった。全然ビクともしない。おそらく捨て網とか布系のものにガッツリ刺さった様子。この手の奴はもう回収は不可能だわ、、。

ちょっと移動する。有名な江川16.50ポイントへ。

ここは結構人は多め。みんなやることは一緒。ミノーを巻いている。ちょっと風が吹いてきたが、全然弱いな、、。ここでもひたすら巻くが反応なし。イマイチ釣れる気しないわ、、。

移動する。今度は西岸へ。

晴れてきて暑くなってきた。上着なくても平気なぐらい。ここでもミノーを巻くが何もなし。いい加減疲れてきた。昼になったので、コンビに行って休憩する。昼後は巻くのはしんどいので、また冬の釣りに変更する。常陸利根川へ行くことに。

この冬何度も見ている光景だが、、。昨日の雨で結構濁っている。人は少ない。水温が上がって人も散ってきたか?ここではいつものダウンショットリグでネチネチやるが今日も反応ありませんでした。釣れるときはあっさり釣れんだけどね、、。

移動する与田浦へ。

人は少ない。ここも反応なしです。まったく釣れる気がしない。風は強くなってきた。北浦に戻ってまたミノー巻いたほうが良さそうな気もしたが、もう時間がない、、。今から行ったら30分ロスするので、その時間がもったいない。次はいつも通り横利根川へ移動する。

横利根川は相変わらず人は多い。最後1時間ぐらいダウンショットリグでネチネチやりましたが、完全ノーバイツで終了です。

これで泥沼の4連敗です。荒川を入れると5連敗。あーブログ書きたくない(笑)。なんかブログの存在がプレッシャーになってきたわ(笑)。

今日はボウズだが、収穫があったとしたら左手キャスティングがだいぶ上達したことぐらいかな。利き手の右で投げたいところを我慢して、今後の体の事を考えて左で投げていたが、コツがつかめてきましたね。正確なキャストは難しいけど、サーチ系の巻きもので、それほど正確なコントロールを必要としない系の釣りなら左で十分対応できるくらいになった。

2時間ぐらいやっていればコツを掴めますね。結構この2時間がもったいない気はするが、今後の5年10年先まで釣りをやるとしたら、2時間は全然長くない。これでだいぶ長い目で見たら差が出るからね。

左手キャストは意外と簡単ですよ。慣れです。慣れ。ボールを左で投げるとか、テニスのラケットを左で持つとかは、かなり難しいけど、釣りのキャスティングは次元が違う。ボール投げる時は全身の筋肉使うけど、キャスティングは肘から上だけですからね。 まあ実際には多少は全身使っていることにはなるけど、基本垂直に立って投げているだけですからね。

で、左でキャストするコツをつかむと、利き手の右の使い方もうまくなりますね。左だとあまり力が入らないので逆に無駄な力を抜いて、ロッドの弾力をうまく使う投げ方になる。このうまくロッドの弾力を生かすコツがつかめるので、右手でもその感覚が使えるようになって、以前より良く飛ぶようになったね。

もうちょい左手キャストを練習して完全にマスターしたいですね。まあ次はキャストより魚を釣らないとな(*´∀`)。

ダイワ(Daiwa) リール ジリオンSV TW 1016SV-SHL

【関連記事】
北浦の釣り禁止エリアで釣りするなよ!
春から始める初心者にオススメの霞ヶ浦水系バス釣りポイント厳選3箇所!
もうすぐ夏休み!初心者にオススメの霞ヶ浦水系バス釣りポイント3箇所!
お勧めのバス釣りオカッパリ用のランディングネット!テイルウォーク NAMAZON NET
ベイトフィネスにはMのバーサタイルロッドがよく合う件。

コメント