物欲爆発!ダイワジリオン ZILLION SV TW 買ってしまった!開封レビュー!今日の買物(2/16)。

ダイワ
1016SV-HL 16ジリオン SV TW
26,247円(税込)※09/11時点

こんばんは。
今年のフィッシングショーで話題になり、最近発売したばかりのあのダイワ ZILLION SV TW を購入しました!

では、他のブログとかでよくやっている開封の儀とやらをやっていきたいと思います。まあ開封する前にフィッシングショーとかで散々触ってますけどね(笑)。あまり新鮮さはない、、。

箱はいつものダイワの箱です。値段は27,160円。税込みで3万円弱です。安いのか?高いのか?まあお手頃な値段だと思います。

あっさりブツが出てきました。包装は至ってシンプルです。シンプルすぎて面白くないな、、。

説明書類です。これだけです。こちらも至ってシンプルですな。よくコスト削減が図られていますね。

はい。ついに出ました。カッコイイです。 巻物用に使おうと思って、右ハンドルを購入しました。久々の右ハンドルです。こいつでこれからの霞ヶ浦のワカサギパターンでミノーを巻きまくろうと思います。荒川のバチ抜けパターン?でも良いです。また余談ですが、巻きものは左手キャストをマスターしたいと思ってます。右手ばかり使っているとマジで腱鞘炎とかになりそうなので、、。

ギヤ比は7.3を購入しました。7ぐらいがちょうどいいかな~と思ってね。特にこだわりはないが、ギヤ比が高い方が、釣りの効率が良くなる。すぐにルアーを回収できるからね。スピードを遅くしたいならゆっくり巻けば良いだけの話なのでね。 かと言ってギヤ比9.1だと高すぎだろって感じなんで、7.3にしときました。ギヤ比は4種類ありますが、実際7.3が一番売れているみたいです。左ハンドルの7.3は売り切れてましたね。

一番の売りであるT-ウイングシステム(TWS)。この幅の広いレベルワインドがラインを放出する際の抵抗を大きく下げる。あまり抵抗を下げる効果ないとシマノ派?の人を中心にネットで言われているケースもありますが、実際T3でこの幅広レベルワインドを経験してますが、かなり効果があると自分は感じています。ラインの出方が全然違う。スパーっと気持よく出ていきますよ。

ブレーキの調整は20段階になってます。10段階でも良いと思いますが、いつから20にしたんだろね。

ロッドに付けるとこんな感じです。良いですね、、。良い。ロッドなしでクラッチを押すとTWSのせいかちょっと重い感じがするのだが、ロッドに装着してクラッチを押すと全然違和感ないです。重い感じはないです。

触った感じですが、質感が良いです。剛性が高いな~という感じ。SS SVあたりと比べるとかなり差が出ますね。それでいてそんなに重い訳でもない。30g重いだけです。ロッドとのバランスを考えると7フィートぐらいのロッドだったら、ZILLION SV TWの方がしっくりくると思う。まあ軽いロッドでもいけると思いますが。

いや~それにしてもこのリールはかなり完成度高いですよ。大変気に入りました。もうしばらくこれさえあれば良いんじゃないかと思いますね。なかなか新商品を使ってくれないことで有名なアメリカで活躍するあの大森貴洋プロもすぐにOKを出したらしいですからね。かなり評価高いです。まあ自分はまだ使ってませんけどね(笑)。来週実際使っての感想を報告したいと思います。

追記2017
最近全然使っていません。やっぱり左ハンドルを勝っておくべきだった。自分の体はもう左ハンドルに最適化されている。右だとどうしても使い心地が悪い。改めて使いたくなってますので、左ハンドル買うかもしれない。やっぱり剛性感とリールの基本性能がとても高いと思います。なんで右ハンドル勝ってしまったのかな(;´Д`)。

【関連記事】
ダイワ18リョウガはカルカッタコンクエストより優れているのか?
ダイワ18フリームスは超絶進化!かなりオススメできる理由
昔使ってたリール。ダイワ ファントム マグサーボ GS-5

コメント