SONYアクションカムを帽子のつばにマウントする方法

動画

こんばんは。
最近釣り動画を続々とYouTubeにアップしていますが、使っているウエアラブルカメラはSONYのアクションカムHDR-AS300というものです。まあまあ値段が高いのですが、アクセサリーが豊富で、バッテリーの交換ができるのが決め手となり、購入しました。

釣り動画はほぼ一日中回しっぱなしにするので、バッテリー交換ができるものでないとキツイ。だいたいどんなカメラも一回のフル充電で2時間ぐらいしか撮れない。バッテリー一体型だと充電時に撮影できないので釣り用として不適格なんだ。釣れる時がわかればいいのだが、それは無理なので常に回すしかないのだ。


あと、アクセサリーが色々あるのがアクションカムのいいところなのだが、体に取り付ける器具も様々な種類がある。頭に付けたり、胸に付けたり、バッグに付けたりと色々あるが、そんな中で自分は帽子に取り付けるキャップクリップというものを買った。

このマウントのいいところは、目線の位置で迫力ある映像が撮れるところなのだが、いかんせんダメな部分が気になってきた。まずサイドに取り付けるので、帽子のつばが画面に入ってしまい、少し風景が隠れてしまうのだ。あと1日付けているとこめかみのところが痛くなってくるのだ(;´Д`)。左右入れ替えたりして負担を減らそうとしているが、それでもシンドいし、何より鬱陶しいので釣りに集中できなくなる。

そこで帽子のつばに上手いこと取り付けできないかググってみたところ、結構紹介しているブログとか動画とかたくさんあった。それらのサイトを参考にさせてもらい自分でも自作してみた。以下で取り付け方法について説明します。

まずは、帽子のつばに穴を開ける。キリなどを使うと良いです。

次に穴にカメラの三脚などに使われているネジを入れる。このネジはカメラ屋で300円ほどで購入できた。大手のカメラ屋なら置いてあるハズです。自分はヨドバシカメラで買いました。

ネジを入れたところ。

このネジにアクションカムを取り付ければ出来上がり。超簡単です。穴開けて、ネジを入れるだけです。

被ってみたところ。

これは良いです。めちゃめちゃ楽です。帽子を被っていてもほとんど違和感を感じません。少し重いかな?ぐらいの感じですね。しかも中央に配置できるので、目線の位置でワイドな映像を撮ることができます。

さらに逆に取り付けすることもできる。これで雨の日もだいぶ防水効果が期待できる。アクションカム自体防滴仕様ですが、激しい雨だと多分無理なので、これでフードを被れば、ほぼ雨の日でも問題なく撮影できそうです。

この自作帽子マウントは、アクションカムではなくても取り付け可能です。カメラの三脚のネジは共通規格のハズなので、ネジ穴が付いているカメラならなんでもいけます。ウエアラブルカメラをお持ちの方は試しにどうでしょうか。

これでさらに良い釣り動画を撮っていきたいと思います。
ではまた。

【関連記事】
これで取れなきゃ諦めろ!根掛かりルアー回収機まとめ!
ネコリグのネイルシンカーならダイワのバザーズワームシンカーTGがオススメ!

お勧めのバス釣りオカッパリ用のランディングネット!テイルウォーク NAMAZON NET
ベイトフィネスリールには何ポンドのラインを巻くべきか?
初心者にオススメの琵琶湖のおかっぱりバス釣りポイント3箇所!関東人が教える!

コメント