ネックガードは思ったより良かった!夏の釣り暑さ対策!

小道具

こんばんは。
また台風が来ているようです。中国に向かっているかと思いきや狙ったかのように直角に曲がって日本を横断するような進路になってます。そろそろしっかり雨降ってもらいたいところだが、連休中は止めて欲しいな。

日曜日の亀山ダム釣行時にネックガードとやらを付けてみたのですが、思いの外良かったので、それについて書いてみたいと思います(写真はテロリストではありません)。

ボートで釣りをしていると一日中直射日光を浴びている状況になる。湖の上で遮るものがないからです。しっかりと日焼け対策をしておかないと後で大変なことになる。オカッパリだと1日釣りをしていても移動中は車の中に居るし、日陰に入って釣りをすることもできる。ボートのように常に日光に晒されるということはない。

前回釣行では、普段は付けないネックガードを付けてみた。結構付けている人を見かけますが、鬱陶しいだろうな、、なんて思ってました。しかし、久々のボートの釣りということでちゃんと日焼け対策をしないといかんということで付けてみたが、なかなかのスグレモンだった。

(↑銀行強盗ではありません。)まず首周りや顔に直射日光が当たらなくなるので、体力消耗を避けることができます。ただ、暑苦しいのではないかと思っていたが、吸水速乾素材が使われているので、意外とサラッとしていて暑くない。

前々回の亀山ダムでの釣行時は首とか顔が日焼けしてしまって、結構疲れが溜まった。一応日焼け止めクリームなどは付けて対策はしていたが、それでも駄目だった。オカッパリでは問題ないのだが。今回はしっかりとネックガードで対策したおかげで、ほとんど疲れが残っていない。すごい楽です。

今まで食わず嫌いで付けてなかったのですが、試してみるもんですね。オススメです。
それではまた。

【関連記事】
ぱねぇ!とんでもない保冷剤!氷太クンの保冷力が半端ない件
灼熱地獄!夏の霞ヶ浦水系の熱中症対策
9/10釣行記。大会プラで亀山ダムへ。6匹ゲット

コメント