ルアーリターンは霞ヶ浦でシャッドが根掛かりした時の必需品

小道具
霞ヶ浦
4,169円(税込)※09/28時点

こんばんは。
正月が終わってしまいましたが、初バスを釣りに熱心に霞ヶ浦に通う人もいるかと思います。この時期の霞ヶ浦の定番と言えばシャッドです。護岸際をシャッドで攻めている人をたくさん見かけます。しかしシャッドはよく引っかかる。そんな時にオススメの商品があります。

ベルモントという会社から発売されている「MR-047 ルアーリターンⅡ」という根掛かり回収棒です。これは長さ最大2.7mで、縮めた時は41cmです。重さは235gです。非常に軽くて持ち運びに便利です。

根掛かり回収機と言えば、ダイワのルアーキャッチャーが有名ですが、あれは取り出して使うの面倒くさいですよね。しかも回収率はそれほど高くない。このルアーリターンなら軽いので、バックに中に入れておくか、ぶら下げておいて、さくっと取り出して使える。


ルアーキャッチャーはラインに通して使うが、シャッドを使う時はラインが細いので、ラインが傷つく危険性もある。細いとラインを通すのも大変だし、何かと面倒なんですね。

シャッドを巻く時は護岸際が多いので、それほど距離が離れていない。このルアーリターンのような棒で充分届く範囲内です。棒で突いて取るほうが楽に回収できる。

沖に投げて根掛かりしてしまった時はどうしようもないですが、そんな時はどんな根掛かり回収機でも取るのは難しいです。

しかし、冬の霞ヶ浦ではよく根掛かりしているバサーを見かけますね。巻いている時より回収しているシーンをよく見かけます。根掛かりは本当に時間の無駄だし、イライラしますよね。釣りのリズムを崩さないために効率の良い根掛かり回収棒は必需品だと思います。オススメです。

それではまた。

【関連記事】
これで取れなきゃ諦めろ!根掛かりルアー回収機まとめ!
おすすめの釣り手袋!穴あき手袋はもう古い?
【バス釣り】冬の霞ヶ浦水系の攻略方法を考える
霞ヶ浦水系の冬の定番ポイント紹介。鰐川テトラ帯。
冬に釣りに行かずに上手くなる方法!

コメント