かけはり?バスの体重を測る時は必須のアイテム!

小道具

こんばんは。
南極で地球温暖化のせいか米デラウエア(Delaware)州の面積に匹敵する巨大な氷塊が分離するらしいです。これによって地球全体の海面が約10センチ上昇する可能性があるとか。大変ですね。それにしてもデラウエア州ってどこにあるのでしょうか?デラウエアとか言われても全然大きさがわからんわ(;´Д`)。甲子園球場何個分とか言ってもらわんとね、、。どうでもいい話でした(;´Д`)。

かけはり

今日は買物ネタです。「かけはり」を購入しました。これは魚の口を痛めずに重さを測ることができるツールです。以前から他のブログの写真などで使われていたので気になっていたのですよね。

以前はこんな感じでフィッシュグリップを使って測っていたのですが、フィッシュグリップはアゴに穴が空いてしまうことがあり、魚にとってはよろしくないツールでした。またフィッシュグリップ自体自重が100g前後あるので、その分をマイナスするか、ゼロに合わせてから測るといった面倒なことをしなくてはいけなかった。

かけはり

このかけはり自体は重さがわずか13gしかない。軽いのでそのまま重量として加算しても別に問題ない重さです。これは便利ですね。マストバイアイテムですね↓マストバイですよ。マストバイww

ちなみにデジタルスケールは↓のものを使っています。これは安くて良いです。安いけど品質にはまったく問題ないと言えます。2年ぐらい使ってますが故障もありません。まああまり使ってませんが、常にバッグの中に入っていて、雑に扱ってますが壊れてませんからね。使い方も分かりやすいのが良いです。

それではまた。

【関連記事】
オカッパリでも水温計を持って意識高い系のバス釣りをしよう!
Deeper魚探が欲しくなった件
お勧めのバス釣りオカッパリ用のランディングネット!テイルウォーク NAMAZON NET

コメント