寒い冬の救世主か?ヒーター内蔵電熱ベストが気になる件

小道具
FC LT2500S 20ルビアス
26,957円(税込)※09/18時点

こんばんは。
12月になりましたが、霞ヶ浦水系の水温はまだ13℃もあるようです。去年の同時期と比べると3℃ぐらい高いですね。季節の進行が2週間ぐらい遅い感じです。今週末は寒くなるようですが、水温が二桁あればまだまだ釣れると思います。

寒くなると必要になってくるのが防寒対策です。はっきり言って冬の釣りはつらいです。釣りはじっとしていることが多いので、とにかく寒い。バス釣りは動きが激しい方ですが、冬の場合はスローな釣りが多くなるので、体を動かすことができず、体が冷えていきます。

電熱ベストで寒さ対策

寒さ対策で、高級なダウンジャケットを買ったり、高性能の手袋を買ったりしましたが、結局じっとして釣りをしていると寒い。寒いからと言って、たくさん着込むと今度は体が動かしにくくなり、釣りに支障が出る。

何か良いものないかなと思っていたら、 ヒーター内蔵電熱ベストというものがあることを知りました。これかなり良さげですね。

保温性の高い服を着ても結局は熱源は自分自身な訳で、体の調子が悪かったりすると発熱量が少なく寒くなってしまうのだ。電熱ベストならバッテリーから熱を補給できる訳で、確実に体を温めることができる。

リチウムイオンバッテリーが搭載されていて、フル充電で3~7時間使えるとのことです。これはなかなか持続力がありますね。バッテリーの重さは100gということで、スマホより軽い。重さが気になるようなことはないですね。

1日釣りをするとバッテリーは若干足りないが、半日は使えるので、一回車で充電すれば1日使える。おそらく昼間は使わず、朝と夕方だけ使うような形になるので、充電なしでもいけるかもしれない。

寒がりな人にはこれはかなり良いのではないでしょうか。外でも体はヒーターで温めることができる時代になりました。便利な世の中になったもんです。
それではまた。

電熱ベストのレビュー動画(上の商品とは別のもの)

【関連記事】
おすすめの釣り手袋!穴あき手袋はもう古い?
【雪対策】最強のスノーブーツはノースフェイス!釣りでも使える
冬の釣りの防寒ならウルトラライトダウンジャケットがおすすめ!

コメント