冬の釣りの防寒ならウルトラライトダウンジャケットがおすすめ!

小道具

こんばんは。
この冬の霞ヶ浦の釣りはなかなか厳しいようです。Twitterを見ていると冬でも釣りに行く変態バサー?さん達がかなりの確率でボウズを喰らってます。そんな凄腕の人々がボウズなのだから自分に釣れる訳がないです。行かないのは正解でした(*´∀`*)。

これから最も厳しい厳冬期に入ります。1月末ぐらいが一番キツイ。2月になると日照時間が伸びるので、デカイのが動き出す。まあ基本的に3月までは厳しいですが。厳冬期でも釣れますが、ここで大事になるのが防寒対策です。

寒いと釣りに集中できなくなります。厳冬期の寒さを舐めたらアカン!都心と違って風が強いので気温以上に寒く感じます。ただ寒いからと言ってたくさん着込むと釣りに支障が出てしまう。


オススメの防寒はインナーにウルトラライトダウンジャケットを着て、その上から通常の釣り用の防水になっているジャケットを着ることです。これでかなり保温性能が高まります。ダウンは基本的に肌の近くに着るのが良いです。逆はあまり意味がない。

ダウンジャケットを着て、その中でさらに厚着をしている人がいますが、これは無駄です。ダウンはインナーで着る。これ基本です。

ウルトラライトではなく、普通のダウンジャケットをインナーとして着てしまうという方法もあります。これは最強レベルで暖かくなりますが、動きづらいのと、真冬でも暑いくらいになってしまいます。寒すぎでどうしようもない時は試すと良いと思います。ただそんなコンディションで釣れるかな(;´Д`)。

それではまた。

【関連記事】
おすすめの釣り手袋!穴あき手袋はもう古い?
最強のオカッパリ防寒用シューズ!ザノースフェイスのスノーブーツ
冬の霞ヶ浦でバス釣りするなら見ておくべき動画!
霞ヶ浦水系の水温が一桁台に突入!釣れるのか?
オカッパリでも水温計を持って意識高い系のバス釣りをしよう!

コメント