バスがフックを飲み込んで外せない場合、どうしたら良いか?

役立つ

こんばんは。
バスがフックを飲み込んでしまった場合どうすれば良いのか。プラグではなく、ワームフックの場合です。大きいフックが喉の奥に刺さってしまうとカエシがあるので、なかなか外すことができない。どうしても取れない場合はどうすれば良いのか?

無理に外す必要なし

奥まで飲み込んでしまったフックを外す方法は色々ありますが、どうしても取れない場合はフックはそのままにして、リリースしてしまった方が良いです。その際はもちろんワームは取り除き、ラインはフックから切り取ります。

フックが付いたままではバスにダメージがあるように思えますが、バスは意外と平気です。アメリカの研究者の調査では、フックを付けたままリリースしてもほとんどのバスが生存していたそうです。

フックは鉄で出来ているので、水の中ではすぐに錆びてボロボロになり、自然と外れるようです。しかもバスの体液には塩分が含まれているので、錆びるスピードは早いと言われています。

よく釣りをしていると根掛かりでロストしたプラグを拾うのだが、針先がボロボロになって浮き上がっているケースが多い。ボディの方はまだ綺麗であるにも関わらずです。フックが水の中で劣化するスピードはかなり早いと思われます。

取り外しに時間をかける方がダメージが大きい

フックを取り外すために、空気中で時間をかけてしまう方が魚にとってはダメージが大きいです。また、飲み込んだフックを無理に外そうとすると出血して逆に傷つける場合もあります。

少し時間をかけて、ちょっと無理そうだなと思ったら、ワームとラインを取り除いて、すみやかにリリースした方が良いです。その方が魚にはダメージが少ない。

自分は喉に2本フックが刺さったままのバスを釣ったことがあります。フックが付いたままでも更に餌を追いかけて、まったく気にしていない感じですね。人間的な感覚でいくと針が付いていたら痛くてしょうがないという感じになりますが、魚は人間とは違うので同じ感覚で考える必要はないです。

仮に完全に飲み込んで胃袋に入っても鉄なので毒にはならない。プラスチックのワームの方がよっぽど毒です。ワームを飲み込んで消化不良を起こし、死んでしまう魚の方が多いです。

バーブレスフックにするのが一番効果的

フックをバーブレス(返し無し)にすれば、飲み込まれてもスルッと簡単に取れます。一番安全な方法と言えます。バーブレスにしてあえて飲み込ませ、バレないようにするテクニックもあるようです。あまりオススメできませんが。

自分も最近バーブレスフックにするようにしてますが、今後はすべてのフックをバーブレスにすることも検討してます。これはまたどうなるのかブログで報告したいと思ってます。
それではまた。

【関連記事】
バスを測るメジャーおすすめ商品
これで取れなきゃ諦めろ!根掛かりルアー回収機まとめ!
半端ないって!氷太クンの保冷力がとんでもない件

コメント