ついにスティーズレーシングデザインの全貌が明らかに!HPと動画が公開されました。

ダイワ

こんばんは。
昨年末突然発表されたダイワのバスロッド最上位モデルのスティーズレーシングデザイン。価格が10万円近いことで驚きましたが、ついにその全貌が明らかになりました。

※画像はダイワHPから借用

超スーパー高感度!

ダイワのHPが更新され、スティーズレーシングデザインのページができました。まあ大体事前に雑誌などで発表された内容と同じです。 追加された内容は開発に携わったバスプロ達の驚きの声です。

「ロッドから伝わる音は『キン』。まるで金属!!」

「ズル引きした時、石、木、硬いボトム、泥底…全てがわかる。もちろんバイトも瞬時に。」

「10mディープはもはやシャローの感覚。」

「DAIWAWORKSプロアングラーの間で常に語られるのが”SVFcompile-X症候群”という慢性的な病。超高感度がもたらす職業病は、STEEZ RACING DESIGNによってさらに深刻化しそうな気配すらある。」

などなど。とにかくキンキンに高感度なロッドのようですね。まあこの手のダイワの宣伝文句を鵜呑みにするわけにいきませんが(;´Д`)。昔から、自分が小学生だった30年前からこのダイワ商法は変わっていませんので、慣れてますよ。だいぶスレてます(;´Д`)。

まあでもかなり誇張されてますが、感度が良いロッドであること間違いないと思います。STEEZ SKYLAYがかなり高感度であることは所有しているのでわかってますから、更にその上を行くということは相当なものに違いないです。フィッシングショーでは是非触ってみたいですね。

■ダイワHP  スティーズレーシングデザイン

Youtubeで動画も公開になりました。なぜか喋りが皆芝居がかっていますが(;´Д`)。動画ではまだロッドが開発段階のものを使っているみたいで、おやっと思いますが、ブランクスだけは違うのかな。

シマノ・ダイワの2017年カタログゲット!

話は変わりますが、今日釣具屋に行ってシマノ・ダイワの2017年カタログを買いました。 このカタログが出たということはもう新商品発表はないということですね。さらなるサプライズはなかったです。

総合カタログなんで去年からあまり変わり映えはしないのですが、ダイワのバスロッドではハートランドの商品数がかなり減ってますね。あまり売れてないのかな。まあ関東の釣具屋ではハートランドを置いてあるところを見たことがないですからね。まあ関東というか琵琶湖限定かもね。

シマノもあまり変化ないが、ソルトでエクスセンスDCというのが新しく発売されるようですが、これはもうアンタレスDCを黒色にしただけじゃねーか(;´Д`)。アンタレスDCとか最上位モデルは安易に横展開して欲しくないね。元祖の方の価値が落ちますわ(;´Д`)。

以上、ではまた。

【関連記事】
スティーズのレーシングデザインだと?ヤバイなこれ。何が?値段が!
10万円のロッド!どこが違うのか?スティーズレーシングデザインについてもう少し調べてみた。

コメント