ダイワはわかっている。亀山ダムのパワーフィネスで利用できるロッドが発売される件。

ダイワ

こんばんは。
かなり寒いですね。日本海側はかなり雪が降っているようです。霞ヶ浦水系の水温は5℃台に突入しました。釣りするにはかなりキツイですが、Twitterに流れてきますが、こんな状況でも釣る人は釣っているようです。自分はもう少々お休みです(*´∀`*)。

また、ダイワのカタログを眺めていたら、魅力的なロッドを見つけました。ブラックレーベル+のスピニングモデルの651ML/MHFSというモデルだ。

パワーフィネススピニングモデル

※画像はダイワHPから借用

この651ML/MHFSというモデルだが、パワーフィネス用として開発されたようだ。今までなかったんですよ、ダイワやシマノには。ようやく出してくれたなという感じ。ダイワはわかっとる。特徴は6フィート5インチと長さは短いのだが、ロッドの硬さが竿先がMLで、バットがMHとかなり硬いところだ。

短いスピニングロッドはほとんどLとかULとかのフィネス用しかないんですよ。MLになるとレングスが7フィートとかになっちゃうヤツばかりだ。亀山ダムでパワーフィネスやる場合、オーバーハングの奥の奥に投げる必要があるので、長い竿だと枝とかに引っかかてしまうのだ。短い方が使い回しが断然良い。

スピニングの短くて硬いロッドが無いので、自分は今までシマノのエクスプライド264MLというモデルを使っていた。これは6フィート4インチなのに硬さがMLということで、他にはないものだった。これにラインはPE0.8号を使ってパワーフィネスをやっていたのだ。

9/11釣行記。大雨and増水の亀山ダム。びしょ濡れになりながら3匹ゲット。

こんばんは。 今日は亀山ダムに行ってました。来週 亀山ダムのキャスティング岩槻インター店主催、青木大介プロも出る大会 に参加

特に大きな不満はなく気に入っていた。ただ、これはMLなんで、もうちょい硬いのが欲しかったのだ。以前にテムジン63MHスピンコブラというモデルが販売されていて、これは硬さがMHというベイトロッドにスピニングを付けたようなロッドがあるだが、だいぶ以前のもので、中古屋にしか売ってなかった。去年の夏に琵琶湖に行ったときに中古屋で見かけて思わず買いそうになったが、琵琶湖で買っても使わんから邪魔になるという理由で止めておいた。まあ中古にもかかわらずかなり高かったというのもある。


ずばり使えるロッドがなくて困っていたのだが、ついにダイワがブラックレーベル+で出してくれるので、これは買いですね。ティップがMLで柔らかく、バットはMHでかなり硬いので、ネコリグを繊細に操作できて、かけたらMHのパワーでぶっこ抜けるなかなか理想的なモデルですわ。

アイテム 全長
(m)
自重
(g)
ルアー重量 価格
(円)
651ML/MHFS 1.96 105 1.8-18 40,000

ダイワ ブラックレーベル+HP(スピニングモデル)

スティーズからも同じようなロッドが、、

スティーズからも641MLFS-SMT 【ヘルファイヤー】という新しいモデルが出るみたい。 6フィート4インチで硬さがMLで、ティップにSMT(スーパーメタルトップ)が使われている。これも良いわ。スーパーメタルトップはどんなもんか一度使ってみたいのだ。

まあこちらはパワーフィネス用のモデルというわけではなさそうですが、でも硬さMLなんで、十分使える。これも欲しいなー。しかしこれは高いぞ。金が、、(;´Д`)。

アイテム 全長
(m)
自重
(g)
ルアー重量 価格
(円)
641MLFS-SMTヘルファイヤー 1.93 99 1.8-11 68,000

スティーズ (スピニングモデル)



ダイワ(Daiwa) ロッド スティーズ 631UL/LFS-SMT ファイヤーホーク

ということで、釣りに行かずにカタログばかり見ていると物欲だけがどんどん高まってしまいますね。

以上、これで締めたいと思います。(;´Д`)

【関連記事】
使ってわかったパワーフィネス用ダイワブラックレーベル+651ML/MHFSのメリットとデメリット!
ダイワの新商品!スティーズスピニングモデル!最軽量のスピニングリール!
祝6位入賞(80人中)!!青木大介プロ参加のバス釣り大会in亀山ダム
6位入賞!バス釣り大会in亀山ダムの釣り方詳細。
安くて高性能!パワーフィネスにオススメのタックルはこれだ!
5/2釣行記。初の亀山ダムでのバス釣り!最後にドラマが!

コメント