2019年ダイワのブラックレーベルがフルモデルチェンジされる。多すぎてわかりづらかったラインナップが一掃されるのか?

ダイワ
500XXHL スティーズ AIR TW
59,839円(税込)※09/11時点

こんばんは。
今月号のルアマガによると来年の2019年にダイワのロッド「ブラックレーベル」がフルモデルチェンジされるようです。一体どんな形に生まれ変わるのだろうか?

合計38機種新登場

来年一気に38機種も発売されるようです。今まであった機種はすべて発売中止になるのでしょうか?既存のブラックレーベルはやたらとラインナップが多くて、カタログを見ても訳のわからない状態でした。

「ブラックレーベル+」「ブラックレーベル」「ブラックレーベルFM」とかまだまだありますが、意味不明でしたね。キャスティングの店員さんも分かりづらいって文句言ってましたよ(;´Д`)。新しくなって一本化されれば、かなり良くなるのではないでしょうか。

SGとLG

新しいブラックレーベルはSG(Sensitivity of Graphite)とLG(Limberness of Graphite)という2つのタイプに分かれるようです。SGの方が感度重視のワーミング系ロッドで、LGの方が巻物系のロッドになるようです。

見た目はかなりシンプルな感じになる。ぱっと見でシマノのエクスプライドか?と思ってしまった。おそらく多くの人がその印象を受けると思う。若干異なるのがグリップのコルクの部分が長いところだ。この辺はシマノとダイワで異なる部分ですね。

リールシートにはエアセンサーシートが使われる。スティーズレーシングデザインと同じものが使われるようだが、これもなんとなくエクスプライドに似てる。

自分的には所持しているブラックレーベル+651ML/MHFSが無くなってしまうのか気になるところだ。かなり気に入って使っているのだが、新しいモデルでも発売されるのだろうか。

ブラックレーベルが登場してから10年でフルモデルチェンジになったようです。できれば名前も変えて新しいモデルにしてしまえばいいと思うのだが、、。

ブラックレーベルという名前がどうもイマイチなんだよね。以前あったバーバリーのブラックレーベルから取ってきた名前でしょ?どっちが先なんだ?シマノのロッドと比べると名前で負けている気がするが、、。さてどうなんでしょうか。
それではまた。

【関連記事】
【恒例】2019年シマノ・ダイワリールを予想してみる。
使ってわかったパワーフィネス用ダイワブラックレーベル+651ML/MHFSのメリットとデメリット!
今年2018年に買ってよかった商品「STEEZ A TW」。SVとはまったく違うリールになった?

コメント