【恒例】2019年シマノ・ダイワリールを予想してみる。

シマノ
モアザンセンサー12ブレイド PEライン
4,388円(税込)※05/29時点

こんばんは。
2018年も早いもので残り1ヶ月半となりました。今シーズンの釣りはもう終了している人もいるかもしれませんが、この時期に逆に熱くなってくるのが、2019年の新作リールに関する情報です。まだほとんど情報が出ていませんが、シマノ・ダイワのリールに関して大胆に予想してみた。

19アンタレスMGL

※画像はアンタレスDC

シマノの最高級ベイトリールであるアンタレスのDCじゃない方がそろそろリニューアルされるのではないかと予想します。現行機種が出たのが2012年だったと思いますが、すでに6年が経過しています。

MGLスプールが登場して、色々な機種に搭載されていますので、このアンタレスにもMGLスプールを搭載してリニューアルする可能性が十分あると思います。ただ、シマノのフラグシップモデルなので、ただスプールを変えるだけでなく新しい機構も付けてくるのではないだろうか。

19ルビアスLT

※画像はイグジスト

2019年のリール予想は難しい。特にスピニングリールは難しい。なぜなら今年ステラとイグジストがリニューアルされたからだ。シマノ・ダイワ両社の最高級フラグシップモデルのリールが新しくなった翌年なんで、あまり新しいものが出るとは考えにくい。どう考えても型落ちするのは目に見えている。

そんな中で、ダイワに関しては、LTコンセプトというのを今年から全面に出しているので、これを各機種に入れていくことが予想されます。しばらくモデルチェンジしていないリールはないか探したらルビアスが該当しました。

LTコンセプトのルビアスが新登場する可能性は高いと予想できます。これにイグジストに使われているモノコックボティが使われるかどうかが注目ですね。イグジストとセルテートに使われていますが、これをもう少し安いモデルのルビアスにも採用するのか?できればやめてもらいたいがどうかな~

19カルカッタコンクエストDC

※画像はカルカッタコンクエストBFS

こちらもしばらくリニューアルされていないカルカッタコンクエストDC。このリールもそろそろ新しくなっても良さそうなところ。しかし、実は去年もDCが出ると予想したのだが、見事にハズレました(;´Д`)。

しかも、今年のシマノカタログからカルカッタコンクエストDCが姿を消しました。ということはもう現行品は生産終了で、今後も出さねーぞという意志の現れでしょうか?このモデルは結構根強いファンが居るようなんですが、出さないとしたら残念ですね。

その他リール

その他リールとしては、ダイワのタトゥーラですね。既に今年アメリカで発売されているモデルが日本でも登場する可能性が高いです。てか多分出すでしょう。また、ダイワではベイトフィネス対応のエア系のリールも新しく発売されても良い頃です。

ただ、エア系に関しては、あまり需要がないことから、ダイワが新たな開発をするかは微妙だ。自分的にはとても期待しているのだが、、。

また、ダイワはまったく新しいラインナップの商品を出す可能性もある。シマノのバンタムに相当するようなモデルを出しても良さそうな気はするが、はたしてどうなるか。

11月末頃から色々情報が出てくるので、そこからはHPやYoutubeを要チェックですね。
それではまた。

【関連記事】
2018年ダイワ・シマノ新作リールを予想する!【妄想】
18イグジストと18ステラどっちを買えばいいんだよ問題!【ダイワVSシマノ】
これが究極のベイトフィネスリール!KTF「KAHEN」スプールとSTEEZ SV TW

コメント