これが究極のベイトフィネスリール!KTF「KAHEN」スプールとSTEEZ SV TW

カスタムパーツ

こんばんは。
以前にもブログで紹介していたキャリルのダイワ用KTFスプール「KAHEN」をやっと手に入れることができました。ずっと待ち望んでいたSTEEZ SV TWをベイトフィネス仕様にするスプールです。今回はこちらをご紹介します。

 

超カッコいい!

KTF「KAHEN」スプールとSTEEZ SV TW

まずこの見た目ですね。超絶カッコいいですね。ダイワのベイトリールはギヤ比によって色が違うのですが、ギヤ比7.1の赤いラインに合わせて、赤のスプールを購入しました。KAHENスプールはダイワの仕様に合わせて4種類の色が用意されています。

何度見ても惚れ惚れします。リールと赤いベイトフィネススプールが良くマッチングしてます。自分がかねてより待ち望んでいたリールでもあります。

 

KTFのKAHENスプール

KTF「KAHEN」スプール

これがスプールです。ベイトフィネス仕様のため、肉抜きされて軽くなっています。重量は8.9gありました。シャフトとかボールベアリングなどすべて含む重量です。試しに32mm径のT3AIRのスプールも測ったところ、9.1gでした。

このKAHENスプールは34mm径ですが、32mm径のベイトフィネスリールスプールより軽くなってます。形とか肉抜きの位置などはほぼ同じです。

KTF「KAHEN」スプールとSTEEZ SV TW

見た目も良いのですが、スプールをダイワSTEEZ SV TWに付けた時にとてもしっくりくる感じがします。軽いスプールを付けた違和感が無いですね。沢村プロのブログに書いてありましたが、34mm径のスプールに合うように調整するのがとても大変だったそうです。

このKAHENスプールですが、STEEZ SV TWだけではなく、ダイワの34mm径のベイトリールならなんでも取り付け可能になっています。ジリオンSV TWにも付けられるし、リョウガにも付けられる。

KAHENスプールの仕様ですが、素材はG1ジェラルミンで、シャフトがステンレス製です。ラインキャパはフロロ12ポンドで50m巻けます。

 

実際の使用感

KTF「KAHEN」スプールとSTEEZ SV TW

実際の使用感ですが、34mm径で通常の32mmのベイトフィネスリールと同じようなフィーリングが得られるのか心配でしたが、まったく問題なかったですね。軽いネコリグなども普通に扱うことができました。

また、巻物で使う場合も問題なかったです。シャッドやチャターベイトなどを試しに投げましたが、ベイトフィネスリールにありがちな弱々しい感じはなかったです。元がSTEEZなので、SSAIRあたりと比較にならない程巻心地は良かったですね。

YouTubeにて試投している動画をアップしてますので、よろしければご覧下さい。後半に投げてます。前半はブログと同じようなことを話してます。

どこで購入できるのか?

KTF「KAHEN」スプールとSTEEZ SV TW

このKAHENスプールの購入方法ですが、現在はキャリルのHPから買えるだけになっています。または河口湖にある実店舗に行くしかないかと思われます。

この商品は人気のようで常に在庫なしの状態になってます。自分も初入荷の時は買うことができず、その後沢村プロのブログなど頻繁にチェックして2回目の入荷時にようやく手に入れることができました。次はいつになるかわかりません。

値段は13,800円します。なかなかの高級品です。スプール単体でこの値段はかなりのもんです。しかし、それだけの価値はあるのではないかと思いますね。

ベイトフィネスリールとしてはこれが最高ではないかと思いますね。シマノのカルカッタコンクエストBFSを最近は好んで使ってましたが、これからはSTEEZ SV TW + KAHENを使うことが多くなりそうです。
それではまた。

【関連記事】
キャリルからスティーズSV TWに使えるフィネススプールが発売される!
霞ヶ浦水系ではベイトフィネスが必需品である理由
カルカッタコンクエストBFSを1日使い続けたので、その使用感など再レビュー。

コメント