今年2018年に買ってよかった商品「STEEZ A TW」。SVとはまったく違うリールになった?

ダイワ
1016HL スティーズA TW
39,811円(税込)※09/11時点

こんばんは。
「バス釣りニュース(bassfishingnewsjapan.コム)」とかいうブログで当ブログ(bassou.net)の記事が丸ごとパクられております。前回の記事でも書きましたが、パクられたという内容までそのままパクってます。

連絡先が無いのですが、Twitterをやっているので、そこで削除しろと警告しましたが、まったく見ていないようです。ツールを使って自動でやっているようですね。あれこれ調べてどんな手法でやっているかは大体分かりましたので、色々策を打っていきたいと思います。

STEEZ A TW は、SVとは別物かと思うレベル

今年2018年に買ったリールですが、今までブログで紹介していなかったのですが、「STEEZ A TW」を買ってました。夏頃に購入したのですが、かなり気に入っております。去年発売されたリールで、今年の新作リールではないのですが、もっと早く買っておけば良かったと思いましたね。

見た目はSV TWと同じなのですが、剛性感がまったく違いますね。触っただけで違いが分かります。巻くと更によく分かる感じです。Aの方はアルミ製のスーパーメタルハウジングというボディになってます。一方のSVの方はマグネシウム合金なのですが、素材が違うだけで随分と変わるもんだな~と思いますね。

ハンドルが長い

「STEEZ A TW」はハンドルの長さが90mmになっています。SVより10mm長い。ノブも太いものが使われている。ハンドルが長くてノブが太いので、大分ゴツい感じがします。大型のクランクベイトなどを巻くのを想定していると思われます。

正直ハンドルは長くしなくても良かったのではないかと思う。結構違和感を感じますね。せいぜい85mmぐらいにしておいてくれた方が巻きやすいのではないかと思う。リールの大きさ自体はSVもAも変わらないので、10mm長いのは気になる。好みの問題かもしれませんが。

自分はこのリールをテキサスリグ用に使っています。テキサスの撃ちもの系の釣りにちょうど良い感じです。ラインは14lbを巻いてます。来年も常に持ち歩く、使用頻度の高いリールになりそうです。
それではまた。

【関連記事】
今年2018年に買ってよかった商品「18ステラ」。圧倒的な質感と巻き心地で他のスピニングリールは使う気がしなくなる。
【恒例】2019年シマノ・ダイワリールを予想してみる。
これが究極のベイトフィネスリール!KTF「KAHEN」スプールとSTEEZ SV TW

コメント