剛性感が半端ない!ダイワジリオンTW開封レビュー!

ダイワ

こんばんは。
以前からブログに書いてましたが、ダイワのジリオンTW(1516SHL)を購入しました。琵琶湖に行く予定なので、タフ系のリールが必要だろうということで購入しました。霞ヶ浦水系ではあまりタフ系リールは必要ないので、持っていなかったのですよね。まあ個人の趣味嗜好によりますが。ということで、いつもの開封の儀を行いたいと思います。

箱です。ジリオンTWの 1516SHLというモデルを買いました。ギヤ比7.3です。糸巻き量は20lbが80mとかなりのキャパがありますね。自重は215gある。最近のリールでは重い方だな。

パカッ!開きました。毎度のことですが、この瞬間がたまりません。箱は至ってシンプルです。リール袋やオイルもついてない。説明書とリールがあるのみです。

でました!左ハンドルを購入しました。これは思ったよりカッコイイですね。持った時の重量感と剛性感が半端ないです。スーパーメタル(高強度アルミ)フレームのおかげですかね。とにかくゴツいなという感じです。ハンドルを巻いた時の安定感も素晴らしい。カタつく感じが全くありません。あと意外と巻き感はシルキーな感じなのだが、大口径タフデジギヤ(ハイパー仕様)のためかなと思います。シマノのマイクロモジュールギアにも負けてないと思うよ。

レベルワインドはダイワ自慢のTWS(T-ウイングシステム)です。TWSはクラッチを切った時に重たい感じがするのだが、このジリオンTWの場合は重い感じがしない。やっぱフレームの剛性感が強いのでそう感じるのではないかと思う。

カルカッタコンクエストBFSを使った時にも感じたのだが、剛性感のあるリールはクラッチを切った時の感触が良いよ。良い音するしね。

ダイワの防水・耐久テクノロジー「マグシールドボールベアリング」が付いております。マグシー付きのベイトリールは初めてですね。巻いた時に滑らかなのはマグシールドのせいもあるかもしれない。ギヤ比は7.3のものです。一回の巻取り長さが81cmもある。スプール径が36mmだからだね。6.3でも良かったかもしれない。

ビックベイト用として買ったエアエッジ732HXHBに付けてみた。リールが215gで、ロッドが150gぐらいあるので、やっぱ結構重いね。いつもベイトフィネスばかり使っているので、さすがに重く感じる。まあロッドとリールのバランスは良さそうだ。

これで琵琶湖でロクマル釣りたい。
それではまた。

【関連記事】
欲望は止まらない!今欲しい釣具一覧!
ビッグベイト用ロッドを購入!ダイワエアエッジ732HXHB!開封の儀
ダイワ18リョウガはカルカッタコンクエストより優れているのか?
ダイワ18フリームスは超絶進化!かなりオススメできる理由

コメント