今年2019もジャパンフィッシングショー横浜に行ってきた!

イベント

こんばんは。

今年もフィッシングショー横浜に行ってきました。4年連続で行ってます。去年はステラとイグジストがあったので盛り上がった。今年もアンタレスとかスティーズCTなどあって見所は結構あるので楽しみにしてました。

ダイワとシマノを中心に見て回りましたが、特に気になった物を紹介します。

ヴァンキッシュが軽すぎヤバイ!

今回のフィッシングショーで一番驚きだったのは19ヴァンキッシュですね。かなり軽くなってました。前回のものが180gですが、さらに15g軽くなってます。手に持った感じでは軽すぎて耐久性は大丈夫なのかと不安になるくらいでしたね。

軽くなったのですが、巻き心地はアップしてました。マイクロモジュールギアⅡが入っているので、明らかに良くなっています。これも驚きでした。ギアの強度は2倍になっているとの事です。

これは欲しいリールになりますが、16ヴァンキッシュを持っているので、どうするか悩むところです。16も充分軽いので、、。

ミリオネアCTが意外と良さげ

ダイワの19ミリオネアCTですがイマイチ話題に上がっていない感がある。あまり人気はないかもしれないのですが、実際に触ってみたらなかなか良かったですね。

丸型リールでとても剛性感がある。巻き心地もかなり滑らかでした。明らかに対抗機種はシマノのカルカッタコンクエストBFSですが、見劣りしないレベルじゃないかと思いますね。

これも買うかどうか迷うレベルのリールです。

カルカッタコンクエストDCが意外とコンパクト

デカすぎだろうと思っていたカルカッタコンクエストDC200ですが、実際に触ってみた感じでは意外とコンパクトで重い感じがしなかった。自重260gですが、それほど違和感は感じなかった。大きさ的には現在のカルコン100サイズと大差ないということでした。

MGLスプールになったため、比較的軽いルアーでも投げられるとの事です。このリールも買う気は全くなかったのだが、触ったら欲しくなってしまいましたね。

ブラックレーベルがまあまあ良い

ダイワのリニューアルロッド「ブラックレーベル」ですが、これも雑誌やネットで見るよりも実物は良い感じでした。パット見でシマノのエクスプライドかと思いましたが、実際に手に取ると新ブラックレーベルの方が高級感があります。値段が高いだけのことはあります。

自分はコルクグリップが好きなので、ブラックレーベルはすべてコルクで好感が持てます。今持っているエアエッジのロッドをブラックレーベルに買い換えることを検討しても良いかなと思いましたね。

スコーピオンロッドがほぼワールドシャウラ並で良さげ

新しくなって復活したスコーピオンロッドは発売が決まってからずっと気になっていた商品でした。実際に現物を見ましたが、これは期待通り良さげです。まずグリップ部分がコルクストレートになっていてカッコよいです。

リールシートの部分もワールドシャウラとほぼ変わらない感じです。これで値段が安くなっているのだからかなりお買い得ですね。これは欲しいと思いました。

まとめ

他にも良い商品はありましたが、特に気になったのは上の5つですかね。アンタレスとスティーズCTが入ってませんが、あれはもう出た瞬間に買いだと思ったので書いてません。実際触ってみて幻滅するようなところは無かったです。間違いない奴です。

フィッシングショーが終わってしまい若干さみしい感じはしますが、これから徐々に暖かくなってシーズンインを迎える感じになりますね。そろそろ釣りに行こうかな。

それではまた。

コメント