バサーオールスタークラシック2017初日生中継を見た感想

TV

こんばんは。
9月が終わってしまいますね。9月は仕事しかしていない印象があります。なんとか9月で忙しさのピークは超えたと思うので、10月からブログの更新や釣行回数も元に戻したい。まあ今週は疲れているので、釣りはお休みかな。

ということで、バサーオールスタークラシック2017が開催されているのですが、今回は家でTV観戦します。今日は9時頃起きて、アベマtvを見たら、イキナリ並木さんがいいサイズを釣っているシーンを目撃してしまったので、そのまま見入ってしまい最後ウエイインの16時頃まで見るハメになった。

今回カメラが付いたボートは、並木敏成プロ、北大祐プロ、伊藤巧プロの3人だったのだが、その3人が初日のTOP5に入るというアタリを引いたため、釣ったシーンが多くなかなか楽しめた。今までの生中継の中では一番良く釣れている中継になったのではないかな。

去年のバサーオールスタークラシックなんて全然釣れてなくて、退屈だった(自分のようなマニアは釣れてない状況でも楽しめるが)が、今回は結構釣れてた。自分が見始めた9時頃から特に。

霞ヶ浦水系の状況としては、結構釣れるコンディションではないかと思う。30cmぐらい増水していて、ローライトで、水温もそれほど低くない状態です。スピナーベイトで釣れそうだなと思って見ていたら、実際に北大祐プロがスピナベでいいサイズを釣っていた。霞は増水したらスピナベですよ。

利根川メインで釣っていた伊藤巧プロは少々苦戦しているように見えたが、終わってみれば5位の成績で、明日は充分優勝圏内につけている。利根川のバスの位置が見えていると言っていたので、明日はひょっとしたら凄いことになるかも。

初日の結果は、青木大介プロがトップ。バスが見えていないと言いつつ、結果トップを取るのが凄い。個人的には沢村プロに期待している。去年のTOP50霞ヶ浦戦で圧勝したときのウエイインを見ているので、その再現をまた見たい。あの時の勝ち方はホントスゴかったし、この時期の霞ヶ浦水系にハマっているのではないかな。明日がたのしみですね。

また明日は家で観戦。現地には行かない予定です。
それではまた。

【関連記事】
バサーオールスタークラシック2017、2日目生中継を見た感想
艇王レジェンドのライブ中継を見た感想
バサーオールスタークラシックの予習。歴代優勝者を調べてみた。
霞ヶ浦の水門や水位、水温など確認できるサイトまとめ。【改訂版】

コメント