6/2釣行記。6月曇りの霞ヶ浦水系で3匹ゲット。

釣行記

こんばんは。

今週も行ってました霞ヶ浦水系。先週は5月なのに30℃超えの真夏日になるという厳しい環境でした。やっとの思いで3匹釣れました。今週は先週ほどは暑くなく、雨も少し降ったので良さげなコンディションのハズと思って行きましたが、はたして釣れるのか。

Y川からスタート

天気は曇り。温度は25℃ぐらい。釣りをするには暑くもなくローライトでとてもやりやすい状況だった。サクッと釣れるでしょ?と思ったがこれが意外と駄目だった。

ライトリグであちこち探るが反応なし。水があまり良くない感じ。まあ霞で水の良い日なんてほぼ無いのでこれは言い訳にしかならんが、、。しばらくして、

なんとか30cmぐらいの1匹釣れました。ルアーはシザーコーム3inchのダウンショットリグです。とりあえず釣れたが痩せてるし、あまりコンディションはよく無さそうな感じでしたね。

常陸利根川へ移動

常陸利根川へ移動する。この日はやけにバスボートが多かった。このポイントも入ろうとしたら既にバスボートが3台居た。良さげなポイントにもおかっぱりバサーに既に入られていることが多々あった。

あとから知ったが昨日は大会が3つもあったようです。他にももっとあったかもしれない。人が多すぎて若干やる気がなくなる。ここも既に撃たれて釣れんだろうと思ってやったが、実際に釣れませんでした。

新規開拓ポイントが当たりだった

人が来そうにも無い新規のポイントを開拓することにした。まだ行ったことがない場所です。バス釣りを再開してからもう4年ぐらい経ちますが、未だに行ったことがない場所が霞ヶ浦水系にはたくさんあります。

あまり釣れるという話を聞かない場所です。どうせ釣れないだろうと思って行く気もしなかった場所ですが、行ってみたらなかなか良さげなポイントだった。

こりゃ釣れるハズとちょっとやる気になって釣りを始めると開始2,3投目で、ガッツリひったくるバイトがキマシタ!こりゃデカイと思ったらラインブレイクしてしまった。いや、よく見たらフックが折れ曲がってました。少しだけ魚体が見えたけど、かなりデカかった。40後半は行ってましたね。

がっかりしましたが、ここは間違いなく釣れると確信し、再度気合を入れて釣りをする。すると再度がっつりキマシタのでしっかり合わせて慎重にやり取り。

42cmのバス。やりました。ルアーはこれまたシザーコーム3inchのダウンショットリグです。新規場所で釣り方もバッチリはめて釣ったので、これはかなり嬉しかったですね。どんな釣り方かは場所が特定されてしまうので言えません。

またY川に戻り1匹

次に鰐川へ移動する。この日のコンディションからあまり期待はできなかったが、この時期よく釣っている記憶があるので来てみた。しかし、やはりこの日は釣れなかった。水が悪いし、プレッシャーのせいかイマイチ釣れないポイントになってしまった気がする。

釣れないので再度移動する。またY川に移動する。またどうせ釣れないでしょと思ったが、この時期の鉄板ポイントに行ってみるとサクッと釣れました。

35cmぐらい。ルアーはトルキーストレート3.8inchのネコリグです。このサイズのバスなら簡単に釣れそうでなかなか最近の霞では釣れないんですよね。

ラストにまた新規ポイントへ

最後にまた42cmを釣った新規ポイントを見に行くことにした。しばらく空けたので、また釣れても良いはずだと思った。

午前中釣れた時と違って、風が止んでしまった。若干コンディションが落ちたかもしれない。夕方暗くなるまでやりましたが、釣れませんでした。ただ1回だけチェイスはあって、近くまで来て人影を見られて反転されてしまった。とりあえず魚影が濃いことはわかったので、今後が期待できる。

なんとか3匹(バラシ2匹)釣れましたが、全体的に見るとなかなか厳しい一日でした。簡単には釣れない状況です。うまくポイントと時合と釣り方が決まった時にしか釣れない感じですね。

それではまた。

コメント