2/19釣行記。春っぽくなってきた霞ヶ浦水系。しかし釣果はまだ冬。

外浪逆浦

こんばんは。
今日は行ってました霞ヶ浦水系。久々3週間ぶりの釣りです。ただ、昨日のブログでも書きましたが、まだ真冬ということで、釣りではなく動画撮影をメインで行きました。どんな動画を撮っていたかと言いますと、、。

霞ヶ浦水系の水中映像を撮っていました。霞ヶ浦の水中がどうなっているのか興味ありますよね。実際どうなってのかと撮るしかないなと思ったわけです。あまりYouTubeでも見たことないですからね。で、実際撮ってみたところ、、

何も見えねー(;´Д`)

ほとんど上のような光景しか撮れませんでした(;´Д`)。迫力映像を撮ってYouTubeに上げようと思っていたのに、どこで撮ってもあんな感じです。どんだけマッディなんだよ。冬だから多少クリアアップするかなと思ったのですが、霞をナメていました。特に今日は普段ならもう少々クリアなところもすべてこんな感じでしたね。しばらく雨降っていないのになんで濁るのだ?

動画撮影はすべて無駄になりました。霞ヶ浦水系はすべて緑の世界で、視界は1m無い。0.3mぐらいかな。ルアーのカラーセレクトとかほとんど意味ないんじゃないかと思うわ。

またチャンスがあったら撮り直そう。もうちょいマシな時もあるので。今日はいつもより濁っていた。

ということで、撮影はまったくの無駄に終わったので、午後2時頃から釣りをすることにしました。まずは常陸利根川からやることに。今日は多少暖かかったが、風が少々強かったので、風に当たっていると寒かった。ここはダウンショットリグとシャッドで攻めましたが、まったく反応なし。移動する。外浪逆浦へ。

色々な場所で撮影していたのですが、一応水が良さそうな場所はちゃんとチェックはしていた。ここは水鳥もたくさん居て、潜って魚取っている鳥も多かったので来てみた。そしたらバサーもなぜかたくさん居たわ。釣れた情報でも流れたのかな。考えることは皆一緒か?多すぎで入る余地なし。当てが外れたわ。ここで巻物で最期まで粘る予定だったのだが。

仕方なく、少々離れた別の場所へ移動。ここも多少水鳥が居た場所だ。水鳥が居るということは小魚も居るはずということで、ここでもシャッドを中心に巻物で粘ったが、反応なし。日没後17時半ごろまで粘るがノーバイトで終了しました。

今日は午後だけの釣行でしたが、まったく魚からの反応を得られなかった。少々暖かくなったとは言え、まだ冬だ。まだまだ厳しいです。3月中旬ごろまではなんだかんだ釣るのは難しいと思います。また次回頑張ろう。初バスが4月にならないようにしないとな(;´Д`)。

ではまた。

【関連記事】
1/29釣行記。寒くない真冬の霞ヶ浦水系。NBNF達成!(横利根川、与田浦など)
12/28釣行記。クソ寒い真冬になってた霞ヶ浦水系。なんとか1匹ゲット!
釣れない!霞ヶ浦水系でバスは減っているのか?
北浦の釣り禁止エリアで釣りするなよ!
春から始める初心者にオススメの霞ヶ浦水系バス釣りポイント厳選3箇所!
霞ヶ浦の水門や水位、水温など確認できるサイトまとめ。【改訂版】
結局ネコリグで使うストレートワームは何が良いのか?

コメント