霞ヶ浦GWなんとか1匹釣れた。

横利根川

5月5日に霞水系に行ってきました。

午前4時起床。釣りだと余裕で起きれる。仕事だとなかなか起きれないけどね。外環、常磐道を走り1時間以内で霞ヶ浦まで到着。さすがにGWでも4時だと道は空いている。

まずは、古渡エリアを攻めるも反応なし。すぐに場所変更。今まで行ったことのなかった西の洲あたりの水路に行ってみた。

先行者がやたら多かった。目ぼしいところはほとんど入られている。結構人気あるのですね。知らなかった。水も本湖より綺麗ですね。南水路で良さ気なところを見つけたので、攻めてみるも反応なし。いかにもバスが居そうなところなんだが、鯉とかおそらくナマズなどはバシャバシャ跳ねていました。

しかし、この日は少し寒かった。曇っていて、風が強かったので、結構体が冷えた。GW中は夏並みの気温だったのにね。

ここで12時を回ったので、昼休憩を取ることに。セブンイレブンに向かう。午後はどうするか作戦を立てる。このままだとボウズの予感がしてきた。朝一で釣れないとヤバイなぁ~という雰囲気になってしまう。

次は横利根川に向かうことにした。ここも初エリアだ。晴れてきて暑くなってきた。横利根川は護岸されていて釣り易いが、ストラクチャーが少ない。
こんな感じ。

護岸際と少ないストラクチャーを丹念にダウンショットリグで攻めることにした。ワームはジャッカルのフリックシェイク3.8inch。我慢の釣りですね。

ここでバスボートに乗って杭回りを攻めていた人がバスを釣り上げていたの目撃した。おお!いるじゃないかと俄然やる気になってきた。

少ないストラクチャーのところで初のアタリを感じました。おそらくギルですが、ギルの近くにはバスもいると確かYouTubeの動画で吉田撃が言ってましたので、そのまま粘ると、、、ガツンとキマシター。

バスだ!今日初なのでビビった。バス釣りに来ているのにバスが来るとまじかよと思ってしまう。
慎重に取り込んでゲット!

30cmぐらいのバスです。なんとかボウズは免れたとほっと一安心。2時間ぐらい粘るもこの一匹のみで終了。再度場所移動することに。

次は麻生エリアから北の霞ヶ浦大橋あたりまで、水門・漁港などをランガンすることに。しかし、ほとんど反応なし。水門にバスは居るのですかね?まだ代掻きシーズンで濁りが激しいので、駄目なのかな。

水門脇のアシ際でニゴイを1匹ゲット!なかなか引きは強いので面白かったですが、ニゴイかよって感じですね。

35upぐらいのニゴイ。
その後18時を回り終了しました。水門チェックのランガンは疲れますね。車の乗り降りで結構体力使う感じ。朝5時半から18時半までやって1匹とか。なかなかしんどいな。まあ1匹釣れたから良しとしよう。

今日の反省としては、無駄なキャスティングはしないようにせんといかんね。釣れた時はストラクチャーピンポイントでしたので。無駄なキャストで体力消耗しないように。あとバックラッシュ。絶対直せないヤツを釣り行くたびに1,2回やってしまうは、、。もっと練習せんといかん。

バッグももっと軽くしないとな。初めはいいがだんだん疲れてくると重りとして、体にのしかかってくる感じ。特にランガンしている時はしんどい。最後はバック持ち歩かなかったが、そういう時に限って根掛かりするんだよな。いろいろ反省点が多い。まあ伸びしろですね!!(本田のものまね風)

今日の釣果。
バス1匹
ニゴイ1匹

【関連記事】
霞ヶ浦水系の冬の定番ポイント紹介。与田浦の南側エリア
北浦の釣り禁止エリアで釣りするなよ!
もうすぐ夏休み!初心者にオススメの霞ヶ浦水系バス釣りポイント3箇所!
霞ヶ浦の水温をリアルタイムで確認する方法!
スモラバのトレーラーワームは何がベストか?

コメント