移動式重心の羽根モノ!メガバスのi-WING FRY(アイウィングフライ)

メガバス
アイウィングフライ メガバス
2,475円(税込)※08/10時点

こんばんは。

新コロの感染者が東京でかなり増えてますが、ほとんどが20~30代で重傷者がほとんどいません。しかもホスト中心ですのでまったく心配無用かと思いますね。まあホストやキャバクラに行く人は注意した方が良いと思いますがw アメリカなんて1日6万人新規感染者が出てているのにバス釣り大会やってますしw

メガバスから新しい羽根モノ


本日は買い物ネタです。メガバスから新しく発売された羽根モノルアー「i-WING FRY」を買ってみた。値段は2,250円でした。意外と安い?


メガバスからは去年も羽根モノルアー「i-WING 135」というルアーが発売されていたが、それと比べるとかなり小さめの羽根モノになります。


羽根は金属ではなくプラスチック製です。


長さは66mmでサイズ感が良いですね。一口サイズで釣れそうな気がします。


メガバスのルアーらしい顔つきです。まあトップウォーターなんで顔はバスに見られることはないと思いますがw

移動重心LBOを搭載


このi-WING FRY(アイウィングフライ)の最大の特徴は移動式重心となっているところです。通常の羽根モノルアーで移動重心になっているものはないと思われます(あるかもしれませんが知りません)。

メガバス社のLBOという移動重心がボディに入っていることにより、かなり飛距離が出るようです。


また、着水したらすぐに重心がマグネットにより固定されるので、着水と同時にアクションを開始するレスポンスの良さも備わっているとの事。

さらに高速リトリーブでもアクションが破綻せず、逆に超スローリトリーブ時もフィネスに誘えるルアーに仕上がっているようです。

アクションなどは↓のYouTube動画で見られます。

i-WING FRYの重さは10.3g


i-WING FRYの重さは10.3gでした。ダッチなどの人気の羽根モノは1oz(28g)以上あるものが多いのでだいぶ軽めです。まあ10gはあって移動重心なので飛距離が出て扱いやすいルアーだと思います。

「アイウィングフライ メガバス」を探す
4,183円(税込)※2020/08/10時点 楽天調べ

これから暑くなると使いたくなるルアーです。

それではまた。

i-WING FRY | Megabass-メガバス
メガバス株式会社は、ロッド・ルアーなどの釣具・アウトドア用品メーカーです。
遂に出た!話題のメガバスのI x I シャッド TYPE-R
こんばんは。 夏の疲れが溜まってきて結構シンドイですね。そんなに体調が悪い訳ではないが、イマイチぱっとしない。見えない疲れが溜まってますね。 見えない疲れっていうのは競馬界ではよく使われていた言葉です。予想をハズした時によく使われる言い訳...

コメント